NEW
【4】産業医とグルで、社員を脅迫する一部始終を公開!

PwC社員語る「名門コンサルは"恐喝"クビ切り法も一流」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職先として学生に人気のプライスウォーター
ハウスクーパース。(「同社HP」より)
「ブラック企業アナリスト」として、テレビ番組『さんまのホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)、「週刊SPA!」(扶桑社)などでもお馴染みの新田龍氏。計100社以上の人事/採用戦略に携わり、あらゆる企業の裏の裏まで知り尽くした新田氏が、ほかでは書けない、あの一流企業の"闇"を暴く!

 今回は「社会的な存在である大企業が、裏でやっているブラックな手口」について述べていこう。これまで一部メディアで報道され、ネット上ではものすごい反響があったものの、大手メディアは一切採り上げない話題だ。 

 登場するのは、世界的にも大手のコンサルティング会社「プライスウォーターハウスクーパース」(以下、PwC)と、日本での4大法律事務所のひとつ、「森・濱田松本法律事務所」(以下、森濱田)だ。いずれも、その方面を志望する学生たちからは憧れの対象となるような大手有名企業だが、実態はどうだろうか?

 実は私の元に、PwC関係のリーク情報が大量にもたらされたことがある。内容は、PwC(旧PwCアドバイザリー。10年1月に同社とPwCコンサルタントが経営統合してPwCが発足)が、「顧客企業の依頼を受け、産業医によるカウンセリングという手段を利用して、従業員を辞めさせるように仕向ける実態」を暴露したものである。 

「産業医が社員を辞めさせる」とはどういうことか?

 まず産業医とは、「職場で労働者の健康管理にあたる医師」のことである。これには大きく2種類あり、

・非常勤の産業医。自身でも病院を経営しており、産業医の仕事はアルバイト、もしくはボランティアのような気持ちで引き受けている。
・常勤、専任の産業医。企業に常駐し、収入はその事業所からの報酬による。そのため、立場的には一社員と同じような存在となる。

と分かれる。多くの産業医は誇りをもって仕事をしているが、中にはモラルがなく、
「上司からの指示」という感覚で会社の片棒を担ぐ医師も存在するのだ。

 どんな片棒かというと、社員の解雇である。 

会社が産業医とグル!?

 日本では労基法の問題もあり、会社側が簡単に社員をクビにできない。そんなとき、一部の大手企業では産業医の存在を利用する。会社が産業医とグルになり、次のようなやり口を使って「会社にとって都合の悪い社員」を追い込み、"自主的に"退職させるのだ。 

(1)会社にとって都合の悪い社員(内部告発者や会社内部での性犯罪被害者など)やウツ状態の社員に対し、「精神的なケアをする」という名目で産業医が診断する。