NEW
ソーシャルゲーム・プロバイダーのトップ、gumi・國光宏尚社長インタビュー

突破力のグリー、戦略のDeNAにみるゲーム業界のミライ

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回取材した國光宏尚氏が社長を務める
gumiのHPより。
 ここ数年、グリーやディー・エヌ・エー(mobage)などが牽引するソーシャルゲーム市場の急成長は、誰もが目を見張るところである。

 そのグリーのビジネスパートナーであり、コンテンツ(ゲーム)プロバイダーとしてトップクラスの地位を築いている企業が、gumi(グミ)だ。

 2007年の創業から5年という短期間で、なぜgumiは急成長を遂げたのか?

 その秘密に加え、ソーシャルゲーム業界で、

 「今、何が起こっているのか?」
 「これから、どのような進化をしていくのか?

などについて、業界を知り尽くす國光宏尚・gumi社長に話を聞いた。

――早速ですが、ソーシャルゲーム業界は、グリーとディー・エヌ・エーが熾烈なライバル争いを繰り広げています。そんな中で、現在gumiは、グリーとビジネスパートナーを組まれていますが、その理由はなんでしょうか?

國光宏尚氏(以下、國光) グリーを選んだのは、ソーシャルゲーム業界の中で私たちが最初でした。あくまでビジネスとはいえ人間関係が重要なので、最終的には信頼できるかが重要だと思いました。グリーもディー・エヌ・エーもユーザー数はほぼ同じ。土俵が同じなら、良いコンテンツをつくれば、ユーザーも評価してくれるという思いもありました。

 グリーのすごいところは、トップが一旦腑に落ちて納得して、コレだと思ったら一気に会社が動くところです。最初はほとんどディー・エヌ・エーの後塵を拝していましたが、どうにかして追いついてしまう。完全に選択と集中ができていると思います。社内のオペレーションがよく、実行能力も非常に高いのです。

 その意味では、グリーは松下幸之助さん時代のパナソニックのよう。決めたことをすごい突破力で実行していく。ディー・エヌ・エーはコンサルタントのような会社で、きちんと戦略を練って考えている。創業者の南部智子さんが勤めていたマッキンゼーのカルチャーのようなものがあるのかなと思います。

 モバイルの世界は、まだ「これが絶対の成功モデルだ」というものがありません。まだわからないことがたくさんあり、可能性もたくさんある。近い将来何かが出てきたときでも、この2社は果敢に乗り出していくと思います。

――そもそも、gumiはどうやってソーシャルゲームにたどりついたのですか?

國光 最初に会社をつくったときは、携帯版のフェイスブックをつくるつもりでした。当時はマイスペースが伸びていた時期で、フェイスブックはまだ小さかったのですが、そのころからフェイスブックはブレイクすると私は予測していました。

 それまでのインターネットはウェブサイトが中心。グーグルもウェブサイトを検索するものです。それがソーシャルネットワークの登場で、とくにフェイスブック以降は、人が中心になってきた。

 「人がどのようなウェブサイトを見ているのか?」
 「どういうものを買っているのか?」
 「そして、どう繋がっているのか?」

 つまり、「人が中心」というところにウェブが完全に置き変わったのです。