NEW
国内最大級の食品販売サイト・高島宏平社長が、ITビジネスのカギを語る!

お客様も社内会議に参加!? オイシックス流ユニーク経営術

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回取材した高島宏平氏が社長を務める
オイシックスのHPより。
 野菜をメインとする食品販売サイト、オイシックス。

 「産地や生産者がわかる商品を提供」
 「できるだけ農薬、化学肥料を使わないで育てる」
 「青果物・乳製品・卵・鮮魚・精肉の全商品を出荷前に放射性物質検査」
 「きめ細やかな配送サービス」

などを実現し、同社を2000年の創業から12年で国内最大級の食品販売サイトにまで育てたのが、同社創業者であり、現在代表取締役社長を務める高島宏平氏である。

 6月に上梓した『ライフ・イズ・ベジタブル―オイシックス創業で学んだ、仕事に夢中になる8つのヒント』(日本経済新聞出版社)も好評の高島氏に、

 「サービス向上のために行っている、同社のユニークな手法」
 「どのように困難を乗り越えてきたのか?」

そして、

 「今後ITビジネスで成功するためのヒントとは?」

などについて聞いた。

――創業から12年、苦労されたことはなんでしょうか?

高島宏平氏(以下、高島) 資金は苦労しましたね。創業して最初の3~4年は資金繰りばかりしていました。ネットバブルが崩壊した直後の2000年に立ち上げたので、

「ネットで野菜」

というビジネスについて、かなりネガティブな印象を持たれました。ベンチャーキャピタルに面談すらさせてもらえず、門前払いされたことも多かったですね。

 私は当時26~27歳くらいでしたが、例えば、お会いするベンチャーキャピタルの方々も、最初から本命案件じゃないというか、23~24歳くらいの新人2人がやって来て、財務諸表の見方もわかっていない。そこで私が「これはこういう意味ですよ」と教えてあげて、「なるほど、よくわかりました」と帰っていく。

 すると、そのあとに「残念ながら検討の結果、難しいです」と電話がかかってくる。先方は新人に経験を積ませるためだったのでしょうが、当時はそういう話だらけでしたね。屈辱的だなと思ったりもしましたけど、落ち込んでいてもお金は増えないので、動くしかないという感じでした。

 出資してくれそうな会社があって、社長面談にいくと「君、ネットで野菜売っても絶対成功しないから、辞めてうちにおいで」と言われたこともありました。この人はベンチャーを育てる気があるのかなと思いました。そういうことが、いっぱいありましたね。

わからないことは、お客に聞く

――今年、創業からの軌跡をたどった本を出されました。いま振り返ってみて、ベンチャーとして出発し、これまで生き残ることができた理由をどうお考えですか?