NEW
【報道ピックアップ】「会話についていけなくなる前に」(9月29日)

馬主、カジノで数億…AKBの仕掛け人たちのハンパない裏の顔?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本文で紹介する「週刊新潮」
<新潮社/2012年9月27日号>より
 日々忙しいビジネスマン&ウーマンに代わり、世に溢れるメディアの中から、知れば“絶対に”人に話したくなる報道や記事を紹介。日常でなんとなく耳にするあのニュース・情報の裏側や、テレビなどでは報じられないタブーに迫ります!

【今回ピックアップする記事】
『「人形遣い」の錬金術 時代の寵児「秋元康」研究(第2回) チップをやぐらに積んだ「ラスベガス」の夜』
(「週刊新潮」<新潮社/2012年9月27日号>)

 先日、『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』というイベントが実施されたのをご存じだろうか?

 東京ドーム公演から絶対的エース前田敦子の卒業と、天下のNHKを筆頭に民放各局が熱狂した勢いをそのままに、またまたAKBフィーバーでも起こるかと思いきや、あの熱狂がウソのように盛り上がらず、この盛り上がらなさ具合には、さすがのスーパープロデューサー秋元康氏もビックリなのではないだろうか、との声がネット上で多く見られる。

 優勝者は「ぱるる」こと島崎遥香。SKE48松井珠理奈と共に、次世代エースと期待される一人です。ちなみにネットでは、今回のじゃんけん大会が“やらせ”だったのではないかと賑わっておるわけです。なんといっても、次世代エースといわれてる人が優勝してしまったわけなので。

 ちなみにぱるる嬢、全戦チョキで勝負するという荒技に出たわけです。そして決勝では、全部パーで勝ってきた仁藤萌乃と当たり、もちろん勝利します。それにしても、全部チョキとパーっていうのは、わかりやすいんだか、にくいんだか、よくわからない状態なわけです。いずれにしても、次世代エースが次のセンターをGETというのは、運営側としてはウハウハであることは間違いありません。

 さて、今回書きたかったのは、じゃんけん大会のことではなく、プロデュースしている秋元康氏が、無類のギャンブル好きだという記事についてです(じゃんけんもギャンブルといえばギャンブルですが……)。この話は、「週刊新潮」(新潮社/9月27日号)に掲載されていました。前週号の追従記事で第2回目となります。

ハンパないスーパープロデューサー

 記事の内容を要約すると、秋元氏のギャンブルのやり方がすさまじいという話です。

 基本的には、ラスベガスや香港マカオでのカジノの話が中心ですが、秋元氏、掛け金がハンパない上に集中力もハンパない。ギャンブルをやってれば、寝なくても大丈夫という勢いです。ちなみに、取り巻きの人が「少し、寝たほうがいい」と促しても、秋元氏は、「ラスベガスは酸素が濃いから寝なくて大丈夫なんだ」というナイスな返答。

 それにしても、この集中力というか体力というか、まさにスーパープロデューサーとは、こういう人なのでしょうね。