NEW
ブラック企業アナリスト・新田龍「あの企業の裏側」第17回

野村総研強制わいせつ事件、幹部を書類送検~隠ぺい目的の組織的脅迫行為も裁判所が認定

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京地検(「Wikipedia」より/F.Adler)
 「ブラック企業アナリスト」として、テレビ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)、「週刊SPA!」(扶桑社)などでもお馴染みの新田龍氏。計100社以上の人事/採用戦略に携わり、数多くの企業の裏側を知り尽くした新田氏が、ほかでは書けない「あの企業の裏側」を暴きます。

 日本を代表するシンクタンク・株式会社野村総合研究所(東証一部<4307>/以下、野村総研)の中国・北京社副社長に相当する幹部(当時)が、2008年1月に上海で取引先の日本人女性営業担当者に強制わいせつ行為を働いたとされる、いわゆる「野村総研強制わいせつ事件」。

 事件の概要としては、野村総研の北京社上海支社副総経理・Y氏が、取引候補先の女性社員を誘い出し、酒をさかんに飲ませて酔わせ、帰路に就く女性のタクシーに乗り込んできて体を触り、さらに女性が家に着くとY氏は女性の一人暮らしの自宅に上がりこみ、嫌がる女性に抱きつき接吻を迫った事件。

 この事態を知った野村総研は、「Y氏は恋愛と思ってやった」と主張してY氏になんの処分もしないことを決定し、さらにY氏を被害者女性たちの近辺に配置しないという要求についても拒絶。そしてY氏自身は被害者女性たちが求める謝罪も拒絶し続けている。

 そして本事件について捜査を進めていた警視庁が、昨年7月、現在は都内に居住し今でも野村総研に勤務するY氏を、強制わいせつ未遂罪容疑で書類送検していたことが、関係者らへの取材により判明した。

 Y氏は捜査に対し、わいせつ行為については事実経緯を認め、「恋愛だと思ってやった」という主旨の話をしており「反省している」「もう2度とやらない」「被害者女性側に謝罪したい」などと反省を述べていたという。

 そしてY氏は、これまで被害者女性には謝罪等の対応をすべて拒絶していた事実について、「会社(野村総研)の北京社幹部という立場があった、事件の交渉には会社も出てきていたので、認めることができず拒絶していた」と、会社のせいで謝罪ができずにいたとする主旨の内容を述べているという。

 これを受け警視庁は東京地検に強制わいせつ未遂罪容疑で書類送検し、取材時現在も東京地検での捜査が続いている。

●組織ぐるみの隠ぺい行為が認定

 野村総研はこれまで、被害者女性に対し「事実無根」だとして名誉棄損を民事で提訴していたが、そもそも被害者女性にはなんら違法性も関与も立証もできず、和解もできずに提訴の取り下げを行って実質上の全面敗訴が東京地裁で確定している。そして被害者女性らの支援者に対しても名誉棄損として訴えたが、裁判所より「強制わいせつ行為や、その上での隠ぺいのための野村総研側による脅迫行為などは真実の通りであり名誉棄損にならない」と裁判所の判決で認定されている。