NEW

洞爺湖サミットの人気リゾートホテル、なぜ海運会社へ売却?バブル崩壊に翻弄された歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(「Wikipedia」より/663highland)
 警備サービス国内最大手セコムは、100%出資の子会社ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナルが運営するザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(北海道虻田郡洞爺湖町)の土地・建物と保有株式のすべてを、明治海運に売却する。売却は6月末の予定で金額は非公開。ホテル名は変更せずに営業を継続し、従業員は引き続き雇用する。

 ザ・ウィンザーホテル洞爺は洞爺湖西の標高625メートルのポロモイ山の高台に立ち、洞爺湖を一望できる。地上11階、地下1階、高さ50メートル、客室数は386室で、宿泊料は1泊4万円前後からでスイートルームは10万円ほど。宿泊客は香港やシンガポールなどアジアの富裕層が多い。ゴルフ場のウィンザー・グレートピーク・オブ・トーヤや、スキー場のウィンザースノービレッジなどを併設し、スパ、プール、フィットネスクラブやテニスコートも備えている。総敷地面積は921万平方メートルで従業員は300人。道内屈指の大型高級リゾートホテルである。

 ホテルを取得する明治海運は自動車専用船、タンカーなどの外航船舶を持っており、2014年3月期の売上高は前期比22%増の280億円、最終利益は同2.4倍の13億円の見込み。商船三井が6.8%の発行済み株式を保有する大株主であるほか、三井グループ各社が出資する三井グループの海運会社だ。

 明治海運は近年、ホテル事業に力を入れてきた。昨年4月、旧有栖川宮別邸の「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」(神戸市垂水区、247室)の建物を、第3セクター方式で運営していた神戸市から24億円で買収した。

 道内では洞爺湖に近いニセコ地区に、ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ(後志管内ニセコ町)と稚内全日空ホテルの2つのホテルを所有。新千歳空港の近隣でもゴルフ場、早来カントリー倶楽部(胆振管内安平町)を運営しており、相乗効果が見込めるとしてザ・ウィンザーホテル洞爺の買収を決断した。

●洞爺湖サミットで一躍有名に

 ザ・ウィンザーホテル洞爺といえば、08年7月に開催された第34回主要国首脳会議(サミット)のメイン会場になったことで知られる。洞爺湖サミットにはG8をはじめ、EU(欧州連合)、中国、インド、ブラジルなどの首脳が参加し、アフリカ諸国を含む計22カ国7連合が集まり開催された。それまでのサミットで、全参加国の首脳が同一のホテルに宿泊することはなかった。また、ひとつのホテルでサミットのすべての公式行事が行われたのも、この時が初めてだった。合計60回を超える2国間会議、レストランでの首脳の晩餐会から随行員の食事まで、すべてをつつがなくこなしたことが、同ホテルの評判を上げた。

 ちなみに同ホテルがサミット会場に選ばれた理由は、表向きは警備しやすいというものだが、当時の首相、安倍晋三氏の縁戚であるウシオ電機会長・牛尾治朗氏の働きかけがあったといわれている(サミット開催時の首相は福田康夫氏)。牛尾氏はホテルを保有するセコム創業者・飯田亮最高顧問(当時)と親しい間柄だった。サミット終了後は、宿泊客だけでなくレストランなどの施設を利用する客も増え、高い人気を誇っている。