NEW

日焼け止めは危険!皮膚がん、ホルモン異常、生殖機能低下の恐れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 強烈な紫外線が降り注ぐシーズンとなり、日焼け対策をしている人も多いでしょう。日焼けが健康的であると思われていた数十年前とは異なり、「美白」という言葉が生まれるなど、今では「白いほうが美しい」との価値観が広まっているように思えます。

 確かに、紫外線は皮膚にとって有害であり、なるべく浴びないほうがよいといえます。紫外線を多く浴びると、遺伝子レベルで傷がつき、皮膚がんの危険が高まります。

 日光を浴びて生きてきた人間には、それに対応する機構が備わっており、傷ついた遺伝子は通常48時間ほどで修復されます。修復される前にさらにダメージを負った場合や、通常の修復機構で修復できない場合にも、ヌクレオチド除去修復という強力な修復機構が作用し、細胞のがん化を防ぎます。それでも修復できないほど強い紫外線を浴びた場合や、長年大量の紫外線を浴び続けた場合に、遺伝子の中で細胞が異形化して皮膚がんの原因となるといわれています。

 また、強い刺激を受けた肌は、メラニンが過剰につくられ、シミやそばかすとなって現れます。このようなシミやそばかすの発生を防ぐために、日焼け止めを塗る人は多いでしょう。実際、頭打ち傾向が続く化粧品業界にあって、日焼け止めは猛暑の影響も受けてここ数年大幅に売り上げを伸ばし、400~500億円の市場規模になっています。

 しかし、紫外線対策として安易に日焼け止めを塗るのは危険です。なぜなら、市販されている日焼け止めのほとんどに、皮膚がんを起こす可能性がある成分が含まれているからです。

危険な日焼け止め

 日焼け止めには大きく分けて紫外線吸収剤、紫外線散乱剤の2種類があります。

 紫外線吸収剤は紫外線を吸収して熱エネルギーに変えて放出し、紫外線が肌へ届かないようにします。透明なタイプが多く、日焼け止め効果が高いのが特徴で、化学合成化合物でできています。主成分であるオキシベンゾンはアレルギー反応を起こしたり、ホルモン異常を起こす可能性が指摘されています。また、パラアミノ安息香酸やプソラレンは皮膚がんを引き起こす可能性が指摘されています。

 もう一つの紫外線散乱剤は、酸化チタンを主成分として、紫外線を散乱させて肌への侵入を防ぎます。酸化チタンは人体への影響が小さいと考えられていましたが、東京理科大学が行ったマウス実験によると、子どもの脳や精巣に粒子が入り込み、細胞死や生殖機能低下を引き起こすことがわかりました。世界保健機関(WHO)も、「酸化チタンには発がんの可能性がある」と指摘しています。さらに酸化亜鉛もよく使用されていますが、こちらも発がん性が指摘されています。