NEW

パチスロ「政治家に泣き入れ」で規制緩和実現か......ユニバーサル「公選関与疑惑」など政治と密接なパチンコ業界

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「昨年12月、パチンコ店の全国組織『全日遊連』、パチスロメーカーで組織された『日電協』、パチスロ販社で構成される組合『回胴遊商』が自民党幹事長二階俊博氏を訪ね、試験方法緩和について陳情したことが報じられました。5.9号機や6号機の規制を受け、『遊技機の将来像が全く見えない』『新規則に反しない試験緩和を要望』が申し出た理由とのこと。

また、元警察庁保安課長でパチンコ店のプリペイドカード『CR』を推進した、自民党平沢勝栄衆議院議員も同席したそうです。パチンコ業界に関わりが深い政治家に訪問した直後の規制緩和ですらからね。政治家との深い関係性が伝わってきます。

まあ今回発表された規制緩和案は前もって考えられていたはず。そしてこの陳情が緩和を決定づけたのかもしれませんね」(記者)

 以前から政治家との関係性についてたびたび報じられているパチンコ業界。2012年、自民党石原宏高議員が、パチスロメーカー最大手ユニバーサルエンターテインメントに選挙支援を要請し、同社社員が報酬を貰って選挙運動を行った疑惑が浮上。公職選挙法違反の疑いが持たれた。これだけではなく、政治とパチンコの深い関係性を感じさせる事例は数多い。

 ただ、あくまでパチンコの管轄は警察庁ではあるが......国を突き動かす政治家の存在も業界を左右する「重要なキーマン」に違いないのだ。
(文=編集部)

パチスロ「政治家に泣き入れ」で規制緩和実現か......ユニバーサル「公選関与疑惑」など政治と密接なパチンコ業界のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、6号機政治家自主規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!