NEW

トヨタ、EV本格参入で下請けメーカーが戦々恐々…部品点数激減、廃業に拍車か

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
トヨタ自動車
トヨタ自動車本社(「Wikipedia」より)

「あれだけハイブリッド推しだったトヨタも、とうとう電気自動車(EV)に本腰を入れてきた以上、部品メーカーにはますます厳しい時代だよ」

 トヨタ自動車が10月に新型EV「bZ4X」を来年半ばから日本や北米、中国、欧州など世界各地で順次発売すると発表したことを受け、ある自動車部品メーカーの経営者はこう肩を落とした。EVではガソリン車に比べて部品点数が激減するため、部品メーカーは事業縮小を余儀なくされると戦々恐々だ。

トヨタ、25年までにEVを15車種に拡大

 トヨタのbZ4Xはスポーツ用多目的車(SUV)タイプで、SUBARU(スバル)と共同開発したEV専用車台を採用したことなどが特徴だ。トヨタは2025年までに新型車9車種を含む15車種のEVを販売する方針を掲げており、今回のbZ4Xはその第一弾となる。

 トヨタは「プリウス」などのHVを主軸に据え、EVへの進出には慎重だった。日本国内の自動車関連の雇用は550万人ともいわれるが、EVの部品数はガソリン車の3万点から2万点程度に減るとされており、部品メーカーの受注量の激減は避けられない。トヨタは自動車業界最大手として雇用維持の観点からも、過度なEV化に控えめな姿勢をとってきたが、国内のみならず世界各国とのEV競争に乗り遅れるわけにはいかず、新型EV投入に踏み切った。

「よその完成車メーカーに営業するしかない」「技術生かして別の業界に進出」

 実際にトヨタのEVに関する計画が具体的に進むにつれ、部品メーカーの心中は穏やかではなくなっている。今回のbZ4XのEV専用車台を共同開発したスバルが製造拠点を置く群馬県太田市は、典型的な企業城下町だ。自動車業界の動向は市の経済に直結する。同市でスバル向けの部品をメインに製造するメーカーの社長はこう話す。

「我々部品メーカーの間では(1)スバル以外の完成車メーカーへの営業、(2)研磨など加工技術を別の業界に使うといった動きが進んでいる。うちの会社では(1)も数年前からやってきたが、こちらは系列の壁があって難しいし、大っぴらに動くとスバルから反感を買う可能性がある。現実的には(2)で、うちの場合は研磨技術を家電メーカーの部品で使おうとしている。航空分野も狙ってきたが、三菱重工の国産小型ジェット旅客機(スペースジェット)が挫折してからは正直、期待薄だ」

太田市の企業、黒字での休廃業・解散が過去最高、高齢化も進む

 群馬県では同業者の廃業にも危機感が高まる。帝国データバンクの報告によると、新型コロナウイルス禍が直撃した20年の県内企業の休廃業・解散は891件で3年連続減少したが、持続化給付金といった官民一体の支援が奏功したためで、実態が深刻だったことに疑いはない。この報告で注目すべきなのは、(1)黒字での休廃業・解散が多いこと、(2)休廃業・解散した経営者の高齢化が進んだことーである。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合