NEW

USEN-NEXTHD、なぜ再エネ事業に参入?音楽配信で構築した店舗網を活用

構成=鈴木領一/コンサルタント
【この記事のキーワード】,
USEN、なぜ畑違いの再エネ事業に参入?
株式会社U-POWER 代表取締役社長 高橋信太郎氏

 音楽配信事業からスタートし、店舗・企業向けに今ではあらゆる角度から経営・業務をサポートするさまざまなサービスを生み出しているUSEN-NEXT GROUP。そのUSEN-NEXT GROUPのもと、持続可能な社会の実現に向けて日本国内の再生可能エネルギーの普及に貢献しようと立ち上がったのが、2022年3月1日にスタートしたU-POWERだ。

 USEN-NEXT GROUPがなぜ再生可能エネルギーの調達にこだわったのか、U-POWERならではの強みや再生可能エネルギー事業への意気込みについて、代表取締役社長の高橋信太郎氏に話を聞いた。

 USEN-NEXT GROUPは現在、日本最大のシェアを誇る音楽配信事業をはじめとする「店舗サービス事業」のほか、「通信事業」「業務用システム事業」「コンテンツ配信事業」「エネルギー事業」の5つのセグメントで事業を展開する。

*参考:USEN-NEXT HOLDINGS コーポレートサイト 

 2017年12月、USENとU-NEXTの経営統合によって事業領域が拡大し、今では24の企業群からなる一大企業グループへと成長した。

 主力事業である店舗サービス事業を中心に店舗の運営を幅広くサポートする一方で、以前からエネルギー事業にも参入。2020年には東京電力エナジーパートナーと新たなコラボレーション商材を開発するなど、新電力や省エネをキーワードに電気、ガスに関わるコスト削減の支援を行っている。

 今回誕生したU-POWERは、一見するとこれまでのエネルギー事業の延長線上にも思えるが、実際はまったく異なる新たなエネルギー事業への挑戦となる。というのも、U-POWERは店舗に関わる電力コストの削減を訴えるのではなく、店舗のエネルギーのグリーン化に貢献しようと、再生可能エネルギーにこだわった電力会社なのである。

店舗のグリーンエネルギー化を通じて、SDGs対応を支援

 持続可能な社会を目指し世界的に再生可能エネルギーの需要が高まるなか、日本においても2030年までのCO2排出量削減、再生可能エネルギー電源比率の新たな目標が示され、2050年にカーボンニュートラル・脱炭素社会の実現を目指している。地球に生きる私たち一人ひとり、企業一社一社の小さな努力が必須の時代となっている。

 U-POWERは、USEN-NEXT GROUP 各社がさまざまな角度から支援している店舗に対して、これまでのエネルギー事業とはまったく異なるアプローチでCO2削減、グリーンエネルギー化の支援を行っていく。

 高橋社長は、「特別新しいこととは思われないかもしれませんが、再生可能エネルギーに特化した電力会社はまだまだ少ないのが実情です。私たちの特徴は、再生可能エネルギーを中心に供給していくことを明確に打ち出している点。お店のSDGs対応の支援としてエネルギー面でお役に立ちたいと考えています」と話す。

 用意しているのは、「GREEN10」「GREEN50」「GREEN100」の3プラン。使用電力量に対して、それぞれ10%分、50%分、100%分の再エネ非化石証書を購入することにより、実質的にグリーンエネルギー比率10%、50%、100%の電力の供給を計画している。

USEN-NEXTHD、なぜ再エネ事業に参入?音楽配信で構築した店舗網を活用の画像2
U-POWER 3つのプラン(地球の未来を担うこどもたちの視点をモチーフにした、南極に住むこどもコウテイペンギンのイメージキャラクター)

 これまで行ってきたリセールモデルではなく、電力を自社で調達するところも大きな強みだ。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合