上昌広「絶望の医療 希望の医療」ニュース一覧

NEW

コロナ:入院制限は無茶苦茶、犠牲者増加の懸念…なぜ国立病院機構・JCHOに受入要請しないのか

新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染拡大が止まらない。8月2日、東京都・大...

NEW

東大理科三類、優秀な若者をダメにする閉鎖性…現役学生が福島で学んだ現場の大切さ

田中愛翔君と杉浦蒼大君という大学生がいる。今春、兵庫県の灘高校から東京大学理科...

NEW

コロナワクチン、冬までに国民の5割接種は絶望的…英国と真逆、厚労省の“丸投げ”が原因

新型コロナウイルス(以下コロナ)の感染が拡大している。克服するには集団免疫を獲...

NEW

効率よく有益な情報を得るには海外メディアの日本語版…ロイター・CNN・AFPがお勧め

「どうやって新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)に関する情報をアップデイトし...

NEW

厚労省による人災、さらにコロナ感染拡大…頑なにPCR検査抑制、疫学調査の情報を非開示

1月18日に召集された第204通常国会の目玉の一つが感染症法の改正だ。世間の関...

NEW

コロナワクチン接種すべきかどうかは具体個別の事例による…持病持ち高齢者は慎重に

「新型コロナウイルス(以下、コロナ)のワクチンが出来たら、打つべきでしょうか」...

NEW

欧米や韓国でも成立の尊厳死法、日本では議論すらタブー…絶望の終末期医療の実態

7月23日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患った女性に対し、2人の医師が致死量...

NEW

7千例のコロナ感染者、屋外感染は「1件」との調査結果…なぜ日本メディアは報じないのか

「新型コロナウイルス(以下、コロナ)に関する報道は、何を信じていいかわからない...

NEW

北半球で日本だけコロナ終息せず…世界と真逆の対策で第二波招いた“感染症ムラ”の病巣

新型コロナウイルス(以下、コロナ)の第二波が拡大している。私は、第二波は「厚労...

NEW

C型肝炎の新薬、講演会等で称賛する医師に年1633万円支払いも…製薬企業から

医療ガバナンス研究所はワセダクロニクルと共同で製薬マネープロジェクトを進めてい...

NEW

厚労省、常軌を逸した病院統廃合…OB天下り先で利益優先の“お荷物病院切り捨て”

地域の医療機関の再編が世間の関心を集めている。9月26日、厚労省は「再編統合に...

NEW

平均で年431万円…日本血液学会の幹部、製薬企業から「講演料」等の報酬受領リスト

抗がん剤市場の成長が目覚ましい。2018年度の国内売上は約1兆2,000億円。...

NEW

福島医大、被災地から医師“吸い上げ”医師不足発生…元病院長、製薬企業から多額報酬

私が主宰するNPO法人医療ガバナンス研究所のスタッフに樋口朝霞さんという女性が...

NEW

外科医、近い将来に大余剰で大半が失業…がん患者が急速に減少し始めた

「早晩、外科医の大部分は失業する。外科医を目指すなら、日本にいたらダメだ」外科...

NEW

“不健康な”女性アスリート…身体を蝕む貧血問題、無月経・摂食障害・骨粗鬆症の苦しみ

昨年末以来、アスリートへの鉄剤注射の議論が盛り上がっている。12月に京都で高校...

NEW

山形大学医学部、女子合格率が男子の半分以下…国立大医学部の調査をしない医学界の闇

医学部入試における男女差別が社会の関心を集めている。今夏、東京医科大学の不正入...

NEW

関空、成田空港を外国人受入数で逆転か…地方衰退で首都圏一極集中との認識は間違い

7月23日、我々はNPO法人医療ガバナンス研究所の大阪事務所を開設した。大阪出...

NEW

「昼間の病棟は無医村に…」首都圏の私立大学病院で医療事故が多発している理由

東京医科大学(以下、東京医大)の不正入学疑惑が世間を騒がせている。続々と新事実...

NEW

女性殺到の駅ナカ「コンビニクリニック」に勤務して驚愕した受診理由…日本医療の問題露呈

私がナビタスクリニック新宿で診療を始めて2年が経過した。ナビタスクリニックとは...

NEW

都心部の総合病院、経営危機が深刻化…臓器別の外科医、食えない時代へ

2月7日、中央社会保険医療協議会(中医協)は、加藤勝信厚生労働大臣に対して、2...

NEW

内科・外科志望医が激減、眼科志望医ゼロの県も…新専門医制度失敗で地方の医療崩壊

日本の地域医療の崩壊が加速する。原因は、今春から始まる新専門医制度だ。従来、専...

NEW

iPS細胞・山中伸弥教授のノーベル賞受賞、医学界で囁かれる理由

ノーベル賞の発表が終わった。4年連続の日本人受賞はならなかったが、長崎生まれの...

NEW

バリウム検査「利権」…がん見落とし多く、死亡事故や重い副作用:有用な内視鏡普及の壁

9月7日、朝日新聞デジタルは『がん検診、「国の手順通り」4割どまり 市区町村』...

NEW

日本の国家的「がん治療」研究、世界の潮流と逆行…成果は期待薄、医師主導の限界

ゲノム研究に基づく、個別化医療の発展は凄まじい。6月末、厚生労働省はがんに関す...

NEW

がん、画期的な重粒子線治療が破綻の危機…多数の患者に治療を受けさせない厚労省の傲慢

高齢化が進む日本では、医療費抑制が喫緊の課題だ。一方、新規薬剤や治療法の価格は...

NEW

地方から病院が消滅する日…経営難で年3百件ペースで廃業等、路頭に迷う患者と看護師

我が国の少子高齢化は急速だ。すでに人口は減少し始めており、2015年の国勢調査...

NEW

【一人の男の熱意】過疎地で病院や介護施設を次々つくる男が、日本の医療を変え始めた

高齢化が進む日本で、医療・介護の需要は高まる一方だ。ところが、サービスを提供す...

NEW

子宮頸がんワクチン被害者から、「決意の重大告発」相次ぐ

昨年11月26、27日の2日間にわたり、「現場からの医療改革推進協議会シンポジ...

NEW

東京近郊、医師不足が深刻化…厚労省、無意味な制度推進で「医局」復活の時代錯誤

医師偏在の議論が進んでいる。厚労省は若手医師が保険医の資格を取るにあたり、医師...