NEW
なぜかマネー雑誌には載らない

4倍の儲け!? 国内VS海外業者比較から学ぶ、FX取引の基礎知識

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「写真素材 足成」より

「長年、FX(外国為替証拠金)取引をやっているけれど、もう国内業者は使わない。全然儲からないから。国内業者に比べて、海外業者のリスクは高いとよくいわれるが、リスク管理さえきちんと行っていれば、問題ないこと。金融庁のレバレッジ規制が始まってから、もう海外業者での取引しかしていない」

 こう話すのは、長年FX取引を行っているベテラン個人投資家だ。

 いま国内のFX取引は、2011年に開始された金融庁による「レバレッジ規制」により、レバレッジ倍率が25倍に抑えられている。

 この「レバレッジ倍率」とは、投資家がFX取引開始時にFX業者へ納める証拠金=元手に対し、何倍の額まで大きな取引を行うのかという「倍率」のことだ。FX取引は少ない元手で、その何倍もの利益を得られる可能性がある一方、逆に多額の損失を被る可能性もある(後述参照)。それまでFX業者によっては400倍程度までかけられたレバレッジでは、あまりにも投機性が高く、個人投資家が不利益を被りかねないとの理由で、レバレッジ規制が実施されたのだ。

 今回は、国内FX業者と、国内に展開する海外FX業者のレバレッジ倍率の違いを通して、「FX取引の仕組み」を見てみよう。

 まず、よく耳にする「レバレッジ」とは何かを簡単に説明しよう。

 例えば3月30日時点、米ドルのレートは1ドル=82円34銭である。仮に1米ドルという「外貨商品」を買うとしよう。この場合、82円34銭あれば1米ドルが買える。この1米ドルを82円34銭で買う場合は、レバレッジ倍率は1倍となる。

 このレバレッジを効かせるとはどういうことか?

 極端な例だが、たった1円の担保(FX取引の場合は「証拠金」と呼ばれる)で、82円34銭相当の1米ドルを買うことである。本来、1米ドルを買うには82円34銭の資金が必要なのだが、それだけの資金がなくとも、1円の担保さえあれば、82円34銭の1米ドルという、いわば外貨という商品を購入できる仕組みがレバレッジというわけだ。この、「少ない手持ち資金で効率のよい資金運用ができる」という点が、まさにFX取引の魅力である。

『マネパ1000万人のFXトレーニング』


超本格的! DS恐るべし!

amazon_associate_logo.jpg