NEW
石黒不二代(ネットイヤーグループCEO)

シリコンバレーでホットなインキュベーションの"今"を読み解く5本

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリコンバレー(「Thinkstock」より)
 シリコンバレーのホットな話題を中心に、毎回さまざまなテーマを取り上げていきます。第1回目の今回は、インキュベーションに焦点を当てます。

 Y Combinatorや500 Startupsなど、シリコンバレーでは数年前から新しいタイプのインキュベーターが人気です。日本でも同様にこの種のインキュベーターがぽこぽこ登場しています。しかし、新種のインキュベーターの実態は、意外に知られていません。

Did everybody see what just happened? The pendulum has swung. - BLOG By Jason Freedman(4月8日)

 42Floorsをはじめ複数の起業をしているJason Freedmanがブログで明らかにする、Y Combinatorの実態。65社が500人の投資家の前でプレゼンテーション。

 ビジネスプランと呼べるようなものはなく、以前に投資を受けたことがない、素人のような起業家(と彼は評しています)が2分半のピッチ(時間単位)で億単位のシードマネーを集める。さらに、彼は自分が2009年にやはりY Combinatorで行った起業のデモを思い起こします。投資家は今とは違ってハングリーでなく、まったく投資が集まらなかった時代です。 そして、Jason Freedmanは、今の過剰投資の状態が起業家にとっても決していいことではないと警鐘を鳴らします。

 過剰投資の時代にJason Freedmanが唱える「起業家がやるべきこと」とは、

・価格(バリュエーション)でなくパートナーを最適化すること
・長期にわたっていいパートナーとなる人をゆっくり選ぶこと
・それでも今たくさんパートナーを集めること
・転換社債のすすめ

 マイクロファイナンスの時代に、バブルに踊らされることなく、投資環境の変化に対応するための良ブログ。

On | Y CombinatorとDST、アーリーステージベンチャーの企業価値をさらに釣り上げる - 渡辺千賀氏のブログ「ON, OFF AND BEYOND」(2月14日)

 Y Combinatorの話なので、今シリコンバレーに在住していて、先日の来日時に一緒にFacebook上場がらみのパネルをさせていただいた渡辺千賀さんのブログ「ON, OFF AND BEYOND」の一節をご紹介。日本語なので要約は省きますが、要するに、素人エンジェル投資家がうようよいるシリコンバレーでY Combinatorがいかに投資をしやすくする仕組みをつくって、結果としてかなりバブってしまったという話です。Jason Freedmanが言っていた、転換社債がよく解説されているので勉強になります。

『バトル・オブ・シリコンバレー』


ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズを描いた実話に基づくストーリー……だって。

amazon_associate_logo.jpg