NEW
職業訓練の先生はホリエモンに任せれば?

4人に1人は再犯10回以上! 刑務所の老人ホーム化が止まらない

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『刑務所なう。』(文藝春秋/堀江貴文)
 世界一安全な国と言われている日本。けれども、安全なはずの日本で高齢者による犯罪が年々増加していることはあまり知られていない。日本における65歳以上の高齢者人口は年々増加しているが、それに呼応するかのように、高齢者の犯罪も年を追うごとに増えている。「平成23年版犯罪白書のあらまし」(法務省)によると、刑務所入所受刑者数が2006年をピークに減少し続けているのに対して、高齢受刑者の数は増え続けるばかりである。

 高齢者人口の増加は、1995年から11年までの約15年間で約1.5倍程度。しかし同時期に高齢受刑者数は約4倍に急増。高齢者人口の増加ペースをはるかに上回る勢いで、高齢者の犯罪が増えているのだ。法曹関係者のA氏によれば、この傾向は諸外国と比較して珍しいという。

「一般に先進国で犯罪の年代別統計を取ると、20歳前後をピークとして、その後検挙者数は年齢を追うごとに減少していきます。40歳を過ぎると激減し、国によっては年代別検挙者数の表に50歳以上が含まれていない場合すらあります」(A氏)

 高齢受刑者の割合が高く、彼らに再犯が多いのも日本の特徴のひとつ。65歳未満の受刑者はその約半数が初犯だが、65歳以上の高齢受刑者になると初犯での服役は4分の1程度に過ぎず、その多くが再犯、再々犯ばかりなのだ。そして驚くべきことに、彼らの4分の1は再犯回数10回以上の「常連」となっている。

 長寿国・日本では、元気な高齢者は枯れることなくエネルギッシュに犯罪を重ね続けているのだろうか?

 しかし、高齢者犯罪の内訳を見てみると、そうとは言い切れない現実が見えてくる。法務省関係者のB氏は、次にように解説する。

「『平成20年版犯罪白書のあらまし』によると、高齢者検挙人員の罪名別構成比は、その70%は万引きなどの窃盗となっており、特に女性高齢者の検挙は、万引きと万引き以外の窃盗だけで90%以上を占めています。『元気で枯れない高齢者』『リタイア知らずの犯罪のプロ』などでは決してない。生活に困窮して犯罪に走り、出所しても職も身元引き受け人もないまま刑務所に戻っている、という図式が浮かび上がってきます。
 

 ではなぜ、日本ではこれほどまでに高齢者犯罪が増えてしまったのか? B氏は、その大きな原因として、日本の高齢者福祉や年金制度の脆弱さを挙げる。


「40年間毎月年金保険料を払い続けていても、老後に月々数万円程度しか支給されない国民年金。受給資格を得るためには最低でも25年間払い続けなければならず、25年に1カ月でも足りなければ支給を受けることのできない老齢年金。これほど低い年金の支給水準にもかかわらず、10年度には収入が年金のみという高齢者世帯が63%にも達しています。月々数万円で生活は成り立たない。職に就きたくとも日本では高齢者が職を得るのは難しい。この貧弱な社会保障こそが、急増する高齢者犯罪の温床のひとつと言えるのではないでしょうか」(B氏)