NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

さすがAmazon! 毎度配送業者が変わる謎と答え

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_361.jpg
Amazonより
人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。月刊誌「サイゾー」で連載されていた同企画(宝島社より単行本となって発売中!)が、ビジネスジャーナルにて復活!   

 今週は、林賢一氏が、Amazon配達の謎について聞いてみた。

[回答者]Amazonカスタマーサービス様

 Amazonからの荷物が毎日届く生活が続いている。

 ほとんどの買い物が書籍やDVDなのだが、気になった物はその瞬間にクリックして買うため、どうしても配送が分割されて小刻みに届くのだ。

 午前中に配達人がインターホンを鳴らす。午前中は家で仕事をしていることが多いので、たいていは商品を受け取ることができる。寝間着のまま玄関を開け、配達人の方から荷物を受け取る。

「このだらしない大人は毎朝家にいるけど、何をしているのだろうか?」

と配達人は不思議に思っているに違いない。

 こんなところでお礼を言うのもなんだが、クロネコヤマトの小林さん(仮名)、いつもいつもありがとうございます。

 毎日、朝顔を合わせてているということは、ちょっとした友人よりも頻繁に会っているわけで、親近感が湧いている。インターホンが鳴っただけで「あ、今日も小林さんがやってきた」と胸が躍る。なぜなら小林さんの笑顔はモデルのように爽やかで、その顔を見ると「今日一日頑張ろう」というベタな気持ちがベタでなくなってしまうのだ。40過ぎのおじさんの顔でこんなにも癒やされるとは!

 そんな小林さんとの蜜月が一カ月ほど続いたある朝、インターホンが鳴り、いつものように"小林さん受け入れ態勢"を整えてからドアを開けると......

「エコ配でーす」

 小林さんじゃない!