NEW
【報道ピックアップ】「会話についていけなくなる前に」(10月24日)

元葬儀業?「私でどう遊ぶ?」…日本一美しい31歳“壇蜜”入門

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
danmitu1023bj.jpg
「週刊文春」(文藝春秋社/10月25日号)

 日々忙しいビジネスマン&ウーマンに代わり、世に溢れるメディアの中から、知れば“絶対に”人に話したくなる報道や記事を紹介。日常でなんとなく耳にするあのニュース・情報の裏側や、テレビなどでは報じられないタブーに迫ります!

【今回ピックアップする記事】
『福山雅治もメロメロ『壇蜜』が本誌に告白した「エロエロな人生」』
(「週刊文春」<文藝春秋社/10月25日号>)

 みなさんは「壇蜜」というグラビアアイドルを知っていますか? 私は、ついこの前まで知りませんでした。これまで私のイチ推しグラドルは、長い間「吉木りさ」だったんです。ですが、彼女を知った瞬間から、“推し変”してしまいました。

「壇蜜」の魅力は、あのイケメンカリスマシンガー・福山雅治が「壇蜜愛」を公言し、サブカルの帝王・みうらじゅんが「観音様」と崇め奉っていることからもわかるでしょう。両名の熱いプッシュを受け、現在「壇蜜」はグラビア界を席巻しつつあるのです。

 そして9月末にTBS系の『サンデー・ジャポン』に出演するやいなや、Yahoo!JAPAN検索ワードランキングで上位にランクイン。今までは知る人ぞ知る存在でしたが、本格的にブレイクしつつある「壇蜜」とは何者なのか? 今こそ、我々は彼女を知っておくべきなのです。

 10月18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、壇蜜は一昨年前に29歳という異例の遅さで芸能界デビューを飾ります。当初は本名の「齋藤 支靜加(さいとう しずか)」名義で活動していましたが、2010年に「壇蜜」に改名。そして、11年に入ってから露出が急増し、現在最も注目すべきグラビアアイドルといわれているそうです。芸名の「壇蜜」は自分で考えたらしく、「文春」のインタビューでは、

「デビュー前は葬儀の専門学校に通いながら、その研修労働で納棺業務に携わっていました。『壇』は仏教用語では『机』。『蜜』は『お供えもの』。さらに『神様の恵』という意味もあります。最初は蜜だけでもいいとも思いましたが、お供え物である以上、下に置くものが必要だと思い、壇をつけました。この名前聞いたら、エロしか思い浮かばないでしょ(笑)。29歳のデビューですから、正直引け目もありました。

 ですが、DVDでも写真集でも、買ってくださった人に損したとは思わせたくない。ですから撮影の時には、『監督、私でどう遊びたいですか?』と聞きます。男性が私に何を求めているかを考え、いかに興奮させるか。きちんとその世界観を表現できるまで考えています。あくまで、『男性にハァハァしてもらうため』にやってますから」

 とのこと……なんて素晴らしいんだ。まさに、仕事で疲れた男性たちの前に舞い降りたエロ神です(ちなみに、中学時代のあだ名は『愛人』だったそうですから、なるべくしてなったということでしょうか!?)。

 さらに、男性たちにとってうれしいお知らせが......もはや、エロ目線でしか見られない「壇蜜」主演の映画『私の奴隷になりなさい』が11月3日に公開予定です。

 キャッチコピーは、「史上最強エロス神<壇蜜>満を持してついに奴隷デビュー!!」。この映画で、「壇蜜」はフルヌードを披露しています。(現在、公式サイトでは予告編を公開中)。私は、『私の奴隷に~』に沢尻エリカがヌードになった映画『ヘルタースケルター』以上の期待を持っています。予告編を見たところキャッチコピーに偽りなしって感じで、その期待に応えてくれると確信しました。

 みなさん、映画館へ行こう。そして「日本一美しい31歳」と呼ばれる「壇蜜」を刮目せよ!!(ちなみに、「R15+」なので、ゴリゴリの大人向け作品ではありませんからね、誤解なきよう)

※これは、ステマではありません、単に「壇蜜」が好きなだけです(笑)。

(文=アラキコウジ@ネタックス

ー引用元ー
10月25日号週刊文春:福山雅治もメロメロ『壇蜜』が本誌に告白した「エロエロな人生」

ー関連サイトー
映画「私は奴隷になりたい」公式サイト
http://www.dorei-movie.jp/