NEW

AKB、剛力・武井咲、宮崎あおいは束になっても“女王”綾瀬はるかに敵わない理由?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「大河ドラマ 八重の桜 公式サイト」
(「NHK HP」より)
 今日(2月14日)発売の「週刊新潮」(新潮社)、「週刊文春」(文藝春秋)から、忙しいビジネスパーソンも要チェックの記事を早読み。今回は両誌の記事から「女優の人気とその理由」について考える。

 2週にわたってAKBスキャンダルを連発した文春だが、今週は大きなスクープは特になし。かわって、いかにも「(女性も読んでいる)オヤジ週刊誌」的なゆるふわ企画「毎年恒例の好きな女優・嫌いな女優ランキング」が目を引いた。

 そういえば、今日2月14日はバレンタインデー。といっても、こんな「菓子屋の陰謀」とは無縁な方々は、気になる女優やタレントからチョコをもらう場面を妄想して楽しむのも一案だ。しかし、その気になる女優は、ほかの男性からはどう評価されているのか。自分だけ、ヤバいセンスに走っていないか。みんなの好きな女優は誰なのか……当ランキング記事は、そんな疑問に答えてくれる企画でもある。

 さて、「週刊文春WEB」のメルマガ読者1600人へのアンケートで作成したというランキングだが、「好きな女優」の1位には綾瀬はるか、2位には吉永小百合、3位には菅野美穂がランクインした。

 一方の「嫌いな女優」には、1位に泉ピン子、2位に沢尻エリカ、3位に小雪。「別に……」以降、嫌われ街道まっしぐらの沢尻、先日韓国で第二子を出産した際に「自分は芸能人だから」と特別待遇を求め、トラブルになったとされる小雪は納得のランクインという気もするが、最近めっきりドラマで見かけない泉ピン子の名前が上がるのは少々意外か。

 その理由として、同記事は「下品さと意地悪さがにじみ出ている」というアンケート回答者の声を紹介し、「ドラマはたまに『橋田壽賀子スペシャル』に出る程度。最近はバラエティ出演が目立つがその“破壊力”は凄まじい」と評している。女優としてというより、バラエティタレントとしての嫌われっぷりが評価された結果のようだ。

 そのほか、ランキングを眺めると、テレビやCMでよく見るオスカープロモーション所属の女優が目につく。「好きな女優」5位に米倉涼子、10位に武井咲が入っているのに対し、「嫌いな女優」の4位に剛力彩芽、7位に武井咲、8位に上戸彩、9位に米倉涼子と4名もランクイン。

 好感度調査を重要視した上で起用が決定されるという大手企業のCMに出まくっている彼女たちが、「嫌いな女優」にランクインしてしまうのはなぜか?

 同記事では「事務所のゴリ押しと言われているだけあって、テレビに出すぎていてビックリ」とアンケート回答者がツッコミを入れているが、本当にゴリ押しでCMに押し込むことができるものなのか。失礼千万な質問をあえてオスカーの関係者にぶつけてみたが……「ノーコメント!」とにべもなかった。

 オスカーといえば、芸能マスコミに対する接待も抜かりがなく、事務所を訪れた芸能関係者は、手一杯お土産を持たされるという噂があるほど、“マスコミには好かれている”事務所。ゆえに、所属タレントの悪い話がメディアに出ることは少ないが……一般読者によるシビアな採点は、コントロールしようがなかったようだ。

■綾瀬はるかと宮崎あおいの違い

 ところで、「好きな女優」1位の綾瀬の人気は、「文春ならでは」のフロックではない。2月8日発売「オリ★スタ」(オリコン)の「女子読者が選んだ好きな女優TOP10」でも、1位は綾瀬(ちなみに、2位に菅野美穂、3位に北川景子)。昨年8月にビデオリサーチが発表した「テレビタレントイメージ調査」でも、「女性タレント人気度」1位は綾瀬だった(2位に浅田真央、3位に天海祐希)。

 綾瀬の人気の要因は、清純派でいながら、隠れ巨乳であるというギャップ、さらにトーク番組で見せる天然キャラが幅広い層に受けていることなどと分析されることが多い。昨年は『平清盛』で歴史的惨敗を喫したNHKの大河ドラマが、この綾瀬人気に乗って、どこまで視聴率を伸ばせるか注目されているが、『八重の桜』2月10日放送分は15.3%(関東地区)。初回から6ポイントも落ちてきており、嫌な空気が漂い始めている。綾瀬の隠れ巨乳が生かされる脚本が求められているのだろう!?