NEW

YouTube再生前の煩わしい広告、なぜ5秒?短くできない?グーグルさんに聞いてみた

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeの動画広告(無料動画共有サイト「YouTube」より)
 この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は放送作家の鮫肌文殊氏が、無料動画共有サイトYouTubeの広告にまつわる疑問について迫ります。

【今回ご回答いただいた企業】
 グーグルアドワーズ 様

 趣味で古い昭和のアナログレコードを集めている。7インチとLP合わせてすでに7000枚は超えているはずだ。それに加えてCDも3000枚以上あるので、合わせると全部で1万枚ほどあることになる。自分の部屋の床が抜けないか本気で心配である。

 とにかくレコードというヤツは「聴いてみなければ中身がわからない」ので、音を知りたければターンテーブルに乗せてレコード針を落として音を出してみるしかないのだ。

 知り合いの若き天才DJで、アジア系レコードの収集家としても有名な馬場正道さんに「なぜ、誰も知らないような素敵なレコードばかり発見することができるのですか?」と思い切って聞いたことがある。

 キリスト様のようなヒゲをたくわえ、「レコード仙人」の異名を取る馬場さんの答えは以下の通り。

「レコードは全部買って、全部聴いてみるしかないのです」

なんて厳しきお言葉。良きレコードを見つけるのに近道なし、全部聴いてみるしかない。それはわかっているのだが、全部買っていたら、お金がいくらあっても足りません。

 レコード店で試聴サービスを行っている店もあるにはあるが、1日に3枚までなどの制限がある場合が多い。従って、ジャケットを見て「これは良さそう」と勘で買うことになるのだが、あてが外れた時の悔しさは筆舌に尽くしがたい。

 そんな時に重宝していたのが、実は無料動画共有サイトYouTubeなのである。同好の志の誰かが、超マイナーな昭和歌謡の隠れた名曲の音源をアップしてくれていた。それをインターネットで試聴してから、レコード店で購入していたこともよくあった。

 なぜ物言いが全部過去形かって? それは今、著作権に関して厳しくなっているためか、今まで見逃されてきたレコード音源が次々に削除されているからだ。目的の曲がネット上に残っていたとしても「素人がカラオケで歌う自分を録画した映像」ばかり。曲の雰囲気だけでも知りたくて見ることもあるのだが、素人のカラオケを聴かされる気分は最悪だ。

 さらに嫌なことに、YouTubeには煩わしい広告がある。5秒待てば残りはスキップできるとはいえ、開く動画すべて5秒待つのは、なかなかのストレスだ。

 だから直接、YouTubeの広告を扱っているグーグルアドワーズさんに聞いてみた。