NEW

拡大するオンライン英会話市場 1レッスン100円台、早朝~深夜まで、超優秀な講師陣

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レアジョブの加藤智久社長

 2020年の東京オリンピック開催を前に、英会話熱が再び高まりそうな気配だ。一昔前、海外旅行の一般化や企業の海外進出を機に英会話がブームになり、大手英会話スクールは広告や設備に巨額の資金を投じてビジネスを展開していた。しかし、いつしかブームは沈静化し、数多くの教室を開いていた英会話スクールが経営破綻に追いやられるケースも少なくなかった。

 そんな日本の英会話ビジネスが、新たなステージに進もうとしている。主役は、パソコンやタブレット、スマートフォン(スマホ)などを活用したオンライン英会話だ。より正確にいえば、インターネット電話サービスのスカイプを利用したマンツーマン方式の英会話サービスである。

 昨年9月に発表された矢野経済研究所の「語学ビジネス市場に関する調査結果 2014」によると、13年度の語学ビジネスの市場規模は前年度比3.1%増の8089億円だ。そのうち、従来型の語学スクールは3327億円、オンライン型のeラーニングは65億円である。14年度予測は市場規模が8259億円(前年度比2.1%増)で、語学スクールが3440億円、eラーニングが72億円とされており、eラーニングは徐々にではあるが拡大傾向にある。

 その背景には、企業のグローバル化の進展、訪日外国人観光客急増への対応、東京オリンピック開催への準備などがある。文部科学省が小学校での英語教育本格化に乗り出していることも追い風になっているだろう。

 こういった中で普及し始めているのが、オンライン英会話である。今、インターネット上には「1レッスン○○○円~」「毎日話せて月○○○○円」といった、スカイプ利用によるライブレッスンの広告が氾濫している。従来型の英会話スクールでは授業料が年間数十万円かかっていたが、それを大幅に減らせるというのが売りだ。さらに、自宅にいながらマンツーマンのレッスンを受けることができるという利便性も魅力になっている。

 仕事の合間に大学の公開講座に通った経験のある筆者としてみれば、「こういったサービスがもっと早く欲しかった」と思わざるを得ない。

●業界トップの会員登録数を誇るレアジョブ


 このオンライン英会話サービスでは、ユーザー数が27万人を突破したレアジョブが最大手である。

 昨年6月に東京証券取引所マザーズに上場した同社を創業したのは、現在34歳の加藤智久代表取締役社長だ。加藤氏は一橋大学商学部を卒業後に外資系コンサルティング会社を経て、07年10月に同社を設立した。そして、スカイプを利用してフィリピン人講師とのマンツーマン英会話を格安料金で提供するというビジネスモデルで、業界に新風を吹き込んだのだ。

 同社のユーザー数は12年1月に10万人、13年10月に20万人、14年12月時点で27万人に達している。また、講師数は約4000人、提供レッスン数は1日当たり1万4000回だ。オンライン英会話の特色について、業界関係者は以下のように語る。