NEW

コメダ珈琲店、株売却で創業者は推定36億、投資ファンドは同200億の利益か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメダ珈琲店1号店(「Wikipedia」より/円周率3パーセント)
 コーヒー店チェーン、コメダ珈琲店を運営するコメダ(名古屋市、臼井興胤社長)が2016年に上場を申請する方向で検討していることが明らかになった。大株主であるアジア系投資ファンドMBKパートナーズが持ち株会社コメダホールディングスを設立したことが、上場への準備とみられている。

 MBKは05年、米投資会社カーライル・グループのアジア地区担当幹部6名によって設立された投資ファンド。日本、韓国、中国を営業のエリアにしており、日本ではTASAKI(旧・田崎真珠)や、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市)の運営会社などへの投資実績がある。

 MBKがコメダを買収したのは13年2月。筆頭株主だった国内投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(出資比率78%)やサッポロホールディングス(HD)傘下のポッカサッポロフード&ビバレッジ(同12%)と経営陣(同10%)から全株を取得した。買収総額は負債も含め430億円だった。MBKは上場により投資分を回収して売却益を得ることを狙う。

 コメダ珈琲店は1968年、加藤太郎氏が名古屋市で個人経営の珈琲店として開店した。コメダという名前は実家が米屋だったことにちなむ。70年から郊外型のフルサービス純喫茶店として東海地方を中心にフランチャイズ(FC)展開。93年にFC本部の株式会社コメダを設立。08年には全国展開を目指してMBO(経営陣が参加する買収)を実施し、アドバンテッジやポッカサッポロの資本参加を得た。そして13年2月、MBKに転売された。

 創業者はコメダ株式をアドバンテッジに売却し36億円のキャッシュを手にしたとされる。MBKへの株式売却によりアドバンテッジは257億円を得たと推定され、200億円以上の売却益を得た計算になる。サッポロHDはコメダ株式の譲渡益34億円を13年12月決算で特別利益として計上した。創業者と2次取得者のアドバンテッジやサッポロHDは、相応のリターンを得た。

●臼井社長の多彩な経歴


 では、3次取得者のMBKは、今回のコメダ上場によって投資分を回収できるのだろうか。取得額430億円を上回る金額で売却できなければ、投資は失敗となる。

 コメダの業績は好調だ。14年2月期の売上高は前年同期比16.7%増の420億円。店舗数はコメダ珈琲店が593店、甘味喫茶おかげ庵が9店舗(14年11月末)。上場をにらみ、国内1000店体制の確立を急ぐ。

 投資回収の責任を担うのが臼井社長だ。13年7月、MBKにスカウトされコメダ社長に就任したが、多彩な経歴の持ち主だ。戦闘機のパイロットを志して入学した防衛大学校を中退し、83年一橋大学商学部を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営大学院(MBA)を修了した。帰国後、セガ・エンタープライゼスの取締役、ベンチャーキャピタルを経て、06年に日本マクドナルドCOO(最高執行責任者)に就いたが1年で辞め、07年にセガに再び入社。セガの社長に就任したが12年に退任し、米グルーポン東アジア統括副社長に転身した。そしてその手腕が評価されてコメダ社長に招かれたのである。