NEW

なぜ牛乳はペットボトルで売られない?雑菌繁殖しやすく危険、専用ボトル開発で事業圧迫

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 ミネラルウォーターやお茶をはじめ、最近ではワインや日本酒までペットボトル入りの商品が販売されている。缶が主流のコーヒーでさえ、今やペットボトル入りが存在する。しかし、なぜか「ペットボトル入りの牛乳」を見かけることはない。子供の頃から身近にある牛乳がペットボトルで流通しない背景には、なにか理由があるのだろうか。日本獣医生命科学大学獣医学部の横須賀誠教授はこう語る。

「牛乳は他の飲み物に比べて栄養価が高いため、雑菌が繁殖しやすいのです。そのため、衛生的に安心できる瓶か紙パックで販売されています」

 雑菌が繁殖しやすい牛乳は、基本的に摂氏10度以下で保存しなければならないという。しかし、ペットボトル入りであっても、冷蔵庫に入れておけば問題ないはずだ。

「ペットボトルはふたを閉めることができ、密閉度の高い容器です。そうすると、飲みかけの牛乳を持ち運ぶことができてしまいます。長時間、常温あるいはもっと高い温度にさらされることで、雑菌が繁殖する可能性も高くなるのです」(同)

 ペットボトル入り飲料は、直接口をつけて飲む。一度ふたを開け、少し飲んでカバンにしまい、また取り出す……。そういったシーンが想定されるために、牛乳の容器にペットボトルが使われることはなかったのだ。

法律上は可能な「ペットボトル入り牛乳」


 農林水産省の調査によると、牛乳は消費量、生産量ともに年々減少の一途をたどっている。しかし、軽くて便利なペットボトル入りが流通すれば、消費量は持ち直すかもしれない――。そういった考えの下、乳業メーカーは「ペットボトル入り牛乳」の実現に向けて努力した。

 その成果もあってか、2007年3月には食品安全委員会が「適切な条件下で管理される限り、十分な安全性を確保している」と、ペットボトルの食品健康影響評価を厚生労働省に提出した。同年10月に「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」が改正され、ペットボトル入り牛乳の販売が認められたのである。

 しかし、法改正から8年近くたった今も、コンビニエンスストアやスーパーマーケットには瓶や紙パックの牛乳しか並んでいない。乳業メーカーの念願かなってペットボトル入り牛乳の販売が可能になったにもかかわらず、である。

「要は、コストの問題ですよ」と語るのは、食品メーカー関係者だ。ペットボトルに牛乳を充填するシステムを新たにつくること自体が、事業を圧迫する要因になるという。

「牛乳用のペットボトルには、現状の清涼飲料水用のサイズや品質のまま転用することはできず、新たなものを開発しないといけません。しかも、従来どおり瓶や紙パックも並行して作り続ける必要があり、莫大なコストがかかります」(食品メーカー関係者)

 仮にメーカー側が、牛乳の保存方法などについてアナウンスしても、ペットボトルの便利さから、消費者が持ち歩いたりしてしまうことは目に見えている。そうなると、メーカー側は食中毒などのリスクも今まで以上に負うことになる。そこまでしてペットボトル入り牛乳を作ったところで、どれだけ利益が上がるかも不明だ。