NEW
宮永博史「世界一わかりやすいビジネスの教科書」

JR九州ななつ星、なぜ赤字でも継続?「有益な」赤字事業を潰すと会社全体をダメにする

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JR九州が運行する寝台列車「ななつ星in九州」(「クルーズトレイン『ななつ星in九州』 HP」より)
 JR九州が2013年から走らせている豪華列車「ななつ星in九州」が快調だ。3年目に入った今年になっても一向に人気が衰える気配はなく、予約が殺到している。決して安い料金ではない。それでも、ななつ星の平均抽選倍率は33倍と極めて高い(15年11月現在)。しかも、申込者のうち3割近くをリピーターが占めているというから驚きだ。

 その影響力は九州にとどまらない。ななつ星に刺激を受けたJR東日本も、豪華列車を走らせ始めている。日経産業地域研究所の調査によると、16年のヒット予想で堂々第2位にランクインしたのが「クルーズトレイン(豪華列車)」だ。そのきっかけとなったのが、JR九州であり、ななつ星だ。

JR九州の躍進

 
 JRの鉄道事業は、1987年に当時の国鉄が分割され、全国7社に分割・民営化された。その後、JR東日本、JR西日本、JR東海のいわゆる本州3社については、政府が所有する株式すべてがすでに売却され「完全民営化」を実現している。

 本州以外の3社(北海道、四国、九州)および貨物については、今も特殊会社であり、税金の一部減免や損失補填などの措置がなされ、依然厳しい経営状況にある。本州とは異なる地理的・構造的な問題を抱えている。

 そのようななかにあって、JR九州の活躍は目覚ましい。水戸岡鋭治氏が中心になってデザインした数々のユニークな特急列車は子供たちに夢を与えてくれる。冒頭に述べたななつ星もそうだが、豪華スイーツ列車など次から次へと新サービスを打ち出し続けている。話題だけでなく、実際に大きな成果を収めている。ななつ星効果で知名度も上がり、海外から九州への訪問客も増加しているほどだ。

それでも鉄道事業は赤字という現実


 JR九州の15年3月期の連結営業利益は、前期より4割ほど多く130億円に上っている。駅ビルや不動産など関連事業が好調だったためで、本業である鉄道事業の営業損益は140億円の赤字だという。33倍もの予約が殺到しているななつ星ですら、赤字といわれている。

 企業の経営状態を見る手段に管理会計がある。どの事業、どの製品、どのサービスが黒字か赤字かなど経営状況をつぶさに把握し、経営方針を決める有効手段といえる。ただし、どこに費用をつけるかなど、運用はそう単純ではないので注意が必要だ。

 さて、問題はその解釈・運用方法だ。単に赤字だからと切ってしまうのであれば誰にでもできる。経営者が考えなければならないのは、赤字だが残すべき事業かどうか、あるいは黒字だが撤退すべき事業かどうか、全体と将来を見て判断しなければならない。