NEW

「セガサミー」「ユニバーサル」に続き「カジノ」進出!? 老舗メーカーが統合型リゾート(IR)開発で復活か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「セガサミー」「ユニバーサル」に続き「カジノ」進出!? 老舗メーカーが統合型リゾート(IR)開発で復活かの画像1

 パチンコメーカー平和は12月7日に、パチンコ『CRアントニオ猪木 打てばわかるさ!ありがとぉー!!!』と、オリンピア製パチスロ『乙女マスターズ~空を翔る白き軌跡~』の展示会を開催した。

『CRアントニオ猪木』は、「SUPER小当りRUSH」搭載の確変「闘魂CHANCE」が特徴。同モード中の演出面は、初代パチスロ『アントニオ猪木という名のパチスロ機』を彷彿とさせるインパクトを与えてくれるだろう。

『乙女マスターズ』は同社人気コンテンツ『戦国乙女』の外伝にあたる作品で、乙女達がゴルフを舞台に活躍する。ゴルフウェアを着た乙女たちが堪能できるなど、これまでとは一味違う楽しみを提供してくれそうな仕上がりだ。

 人気コンテンツ2機種の同時発表というインパクトもあり、ネット上でも大きな話題になっている。2月4日の導入を、待ちきれないユーザーが続出しているようだ。

 そんな話題作を発表した老舗メーカーに対し、さらに熱い視線が注がれている様子。平和が北海道・北広島市に対し、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)構想を提示したと「北海道新聞」が報じ注目を集めているのだ。

「平和のHP上でも『北広島市における統合型リゾート(IR)開発の提案について』とのタイトルで報告されていますが、同社の子会社が保有するゴルフ倶楽部を活用したIRの開発計画を提案したようです。

 約 280 万平米という広大な敷地に、カジノだけではなく温泉や屋外美術館、スキー・スノーボード場などを建設予定。四季を通じた自然・芸術・スポーツを融合した世界に類を見ない IR の実現を目指しているようですね」(記者)

 平和は1949年創業の老舗メーカー。平成27~28年の売上高は「2149億円」とパチンコメーカー内のトップに君臨した。またパチンコ製造事業の他に、ゴルフ場を保有・運営を事業とする会社「PGMホールディングス」を2011年に買収するなど「総合レジャー企業」を目指す大手メーカーである。

「セガサミー」「ユニバーサル」に続き「カジノ」進出!? 老舗メーカーが統合型リゾート(IR)開発で復活かのページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、カジノパチンコ平和の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!