NEW

次期NHK経営委員長、最有力候補人物の過去の“スキャンダル”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK放送センター(「Wikipedia」より)

 NHKの経営に関する最高意思決定機関である経営委員会の石原進委員長(JR九州相談役)が退任する。石原氏は3期9年という異例の長さで経営委員長を務めた。

 2018年10月、かんぽ生命保険の不正販売を報じた番組『クローズアップ現代+』をめぐり、日本郵政の意向に沿うかたちで経営委員会がNHK会長をガバナンスの名目で厳重注意した問題では、石原氏の判断の是非が問われた。厳重注意の結果、NHK会長が郵政側に事実上の謝罪の書簡を送ったことで「ガバナンスの名を借りた事実上の報道現場への介入」との批判を浴びた。石原氏は12月10日に任期満了を迎える。晩節を汚したことになるのか。

 経営委員の顔触れと、11月13日に政府が衆参両院の議院運営委員会理事会に提示した国会同意人事案を見ると、槍田松瑩・三井物産顧問が“ポスト石原”の有力候補である。

「委員長職務代行者の森下俊三・阪神高速道路取締役会長が委員長に昇格することはない」(永田町筋)

 石原氏と入れ替わるかたちで、同じ九州地区から磯山誠二・九州リースサービス社長が経営委員になる。磯山氏は西日本シティ銀行副頭取だった15年9月に福岡商工会議所会頭になっている。

槍田氏の古傷

 槍田氏は秋の叙勲で旭日大綬章を受章した。槍田氏は三井物産の会長時代、娘婿を同社に入社させるなど「公私混同」があった人物だが、NHK経営委員会委員長の有力候補に浮上したから勲章を受章したのかもしれない。いまだに経団連副会長になりたい人があとを絶たないのも、勲章が狙いである。

「槍田氏がNHKの経営委員会の委員長になれば、“無定見な技術屋の委員長”になる心配がある」(三井物産の元役員)。首相官邸としては、今まで以上にNHKを制御しやすくなる。

 11月3日付日本経済新聞で槍田氏の経歴が紹介されている。59歳の若さで三井物産の社長に抜擢され、同社初の技術系出身のトップとなり、日本貿易会会長や経団連副会長を務めた。エネルギーへの思いは熱く、東京電力ホールディングスの社外取締役も引き受けた。国際大学(新潟県)の理事長も務めた。

 槍田氏の古傷とは何か。「長女真希子さんの夫を三井物産に途中入社させた」と「選択」(選択出版/14年6月号)で報じられたことがある。同社には「子息(女婿を含む)の入社を認めない」という内規があり、この内規に違反するという内容だった。同社の広報は「真希子さんの夫も、真希子さんと同じNHKの出身で、2人は顔見知りだったが、夫になった人がNHKを辞めて、もう1社を経て三井物産に途中入社したのは2人が結婚する前。三井物産に入ってから、正式に交際を始めて結婚したのだから内規には違反していない」と苦しい弁明に追われていた。

次期NHK経営委員長、最有力候補人物の過去の“スキャンダル”のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事