コロナ禍で小売り業界壊滅のなか、ワークマンと西松屋の売上激増の“不思議現象”の画像1
ワークマンの店舗(「wikipedia」より/阪神強いな)

 新型コロナウイルスの感染拡大は小売業の売上を大きく左右している。自治体の外出自粛要請で顧客が減少。緊急事態宣言で客足が今後も遠のき続ければ、業績への影響は一段と深刻となる。コロナ禍は小売業の業態で、はっきりと明暗を分けた。

ドラッグストアはマスク特需で売上増

 ドラッグストア業界はひとり、気を吐いている。ドラッグストアやスーパーの店頭からはマスクだけでなく、トイレットペーパーやティッシュペーパーまで一時、姿を消し、大混乱に陥った。一時期の混乱は収まったものの、日用品の買い溜めを目的とした来店客は増え続けており、3月の月次売上も前年同月を大幅に上回る会社が続出した。

 昨年、ドラッグストアの売上高首位に立ったツルハホールディングスの3月の既存店売上高は14.5%増と2ケタの伸びを記録した。客数は23.6%増と大幅に増えた。日用品の買い物が中心で、1人あたりの買い上げ品目数が減ったため、客単価は7.4%減った。

 僅差ながら売上高首位の座を明け渡したウエルシアホールディングスのそれは6.1%増。うち物販は消費税増税後の19年10月が5.8%減、11月が0.2%減とマイナスだったが、2月はマスク特需で20.8%増と爆発的に伸びた。3月の物販は4.4%増だった。

 この間、調剤部門は2ケタの増収を記録。3月も13.7%増と右肩上がりの伸びを続けている。創業事業である調剤がウエルシアのドル箱だ。既存店客数は11.9%増えたが、客単価は5.8%減だった。

 21年10月にマツモトキヨシホールディングスと経営統合するココカラファインの3月の既存店売上高は6.9%減。快調に売り上げを伸ばしている業界のなかで不振が際立った。新型コロナの感染は国内に爆発的に広がっている。マスクは品不足が続く。ドラッグストア業界は4月も売上高を伸ばすことになるだろう。

【ドラッグストアの既存店売上高の前年同月比増減率、%】

             2月     3月

・ツルハHD       7.1%     14.5%

・コスモス薬品      11.3%    6.8% 

・スギHD        20.9%    6.9%

・ウエルシアHD     20.6%    6.1%

・ココカラファイン    9.9%    ▲6.9%

・マツモトキヨシHD   8.0%    ▲10.6%

・サンドラッグ      13.7%   ▲0.4%

(HDはホールディングスの略、▲はマイナス)

コンビニは「巣ごもり消費」を上回る客数の減少

 コンビニエンスストアの3月の既存店売上高は、2月の増収から一転して減った。新型コロナ感染拡大の影響で、冷凍・加工食品を買い込む消費者が増えた一方、外出自粛や在宅勤務の拡大でコンビニで買い物する客数が減少したことが響いた。

 セブン-イレブン・ジャパンは3.2%減と6カ月ぶりにマイナスに転じた。減少幅は天候不順が重なった19年7月(3.4%減)に次ぐ。客数も7.1%減った。「巣ごもり」消費の広がりでまとめ買いする来店客が多く、客単価は4.2%のプラスと押し上げられた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ