マスク価格が突然急落した謎に迫る 安倍首相は“アベノマスクの成果”と自画自賛だが…の画像1
「Getty Images」より

 安倍晋三首相は6日、『ニコニコ生放送』(ドワンゴ)に出演し、新型コロナウイルスの政府対応に関して視聴者からの質問などに答えた。番組では、全世帯に配布する布製マスクについても質問が飛んだ。各メディアやインターネット上で疑問の声が相次いでいる布製マスクの調達先の選定ついて、安倍首相は「疑惑というのは、まったくそんなものありません。(配布で流通するマスクの)価格が下がったという成果もある」と主張した。ネット上のインフルエンサーや有識者からもアベノマスク配布開始時に、同様の主張が同時多発的に上がったが果たして本当なのか。東京都内の路上などでマスクを販売している業者に話を聞いた。

販売業者「アベノマスク関係ない」

 新宿区の飲食店の路上では、50枚入り1箱3500円ほどの値段でノンブランドの不織布マスクが売られていた。販売している飲食店店長の男性は次のように話す。

「アベノマスクの配布? 関係ないですよ。うちの親戚に華僑がいて、中国の生産工場とやり取りすることができるようになったんで、直接仕入れて店頭販売しているだけです。緊急事態宣言の影響で本業(飲食店)の売上が確保できなくなったので、新しい商品を売り始めたのにすぎません。価格を下げるもなにも、先月の末ぐらいから始めたので、最初から適正価格で販売しています。4月上旬くらいにはマスク1枚150~200円くらいでネット販売されていたでしょう。あれはぼったくりです。うちの商品がちょっと高いのは大企業のように薄利多売できないからです」

 一方、渋谷区でマスクを販売している男性は次のように憤った。

「アベノマスクは布製じゃないですか。あのマスクして街中うろついている人、見たことないんですけど。不織布マスクの需要と関係ないんじゃないですか。配布が始まってからも、毎日50箱は売れていますよ。メルカリとかアマゾンとかで転売していた人たちがその後、どうなったのか知りませんけど、うちはちゃんと社長の知り合いのルートでマスクを仕入れていますよ。マスコミがこういう取材するから、俺らが悪徳業者みたいに見られて迷惑してるんです。少しでも人の役に立つ物を売ろうとしているだけじゃないですか」

マスク1枚当たりの価格は78円→50円に

マスク価格が突然急落した謎に迫る 安倍首相は“アベノマスクの成果”と自画自賛だが…の画像2
在庫速報.comより。上の折れ線グラフは毎日の平均単価、下は最低単価の推移

 本当にマスク価格は下がったのか。参考までに、複数のECサイトで販売されているマスク1枚当たりの単価を一覧できる「在庫速報.com」(アスツール)を見てみる。今月7日現在までの約1カ月間の推移では4月24日の平均価格78円を境に、下落が開始。今月2日には60円を割り込み、現在は50円代前半で落ち着いた。確かに、マスク価格は下落している。やはり、政府の布製マスク配布によるものなのか。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ