MEGAドンキの店舗(撮影=編集部)
MEGAドンキの店舗(撮影=編集部)

 ディスカウントストア大手のドン・キホーテに暗雲が垂れ込めている。親会社のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(HD)の2020年1~3月期の連結営業利益は、前年同期比6.6%減の153億円だった。主力のドン・キホーテで売上高の約1割を占める訪日外国人客(インバウンド)消費が、新型コロナウイルスの影響で2月から急減した。20年6月期通期予想の下方修正も余儀なくされている。

 売上高は0.3%増の4069億円だった。総合スーパー大手のユニーが新型コロナの影響で国内の巣ごもり消費が増え堅調に推移した一方、ドンキがインバウンド消費の急減に加え、新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛により客足が遠のいたほか、新生活需要が減るなどで低調に推移し、収益を圧迫した。ドンキの既存店売上高は、1月が前年同月比0.8%減、2月が1.2%増、3月が12.1%減だった。

 パンパシHDは5月8日、新型コロナによる消費減退を考慮し、20年6月期通期業績予想を下方修正した。売上高は従来予想から200億円引き下げ1兆6500億円(前期比24.2%増)、営業利益は10億円引き下げ710億円(同12.5%増)とした。

 ドンキは4月の既存店売上高(速報値)も不調で、10.2%減だった。客数が8.0%減、客単価が2.4%減と、それぞれ落ち込んでいる。免税売上高を除いた既存店売上高は0.3%減だった。外出自粛で客数が6.2%減と大幅に下がった一方、まとめ買いが増え、客単価は6.4%増と大きく伸びた。

 新型コロナの影響で衛生用品や食品など生活必需品が伸びたほか、在宅勤務の広がりでパソコン周辺機器が好調だった。また、自宅で過ごす人が増えたためか、化粧品や日焼け止めが伸び悩んだ一方、ダンベルやヨガマットなど室内スポーツ用品やジグソーパズルなど玩具が好調だった。

 新型コロナの影響で、当面は厳しい状況が続きそうだ。特に売上高の約1割を稼ぎだすインバウンド消費が蒸発したことは痛手だ。しばらく、売り上げはほとんど立たないだろう。特に都心店はインバウンド消費に大きく頼っており、かなり厳しい状況に陥りそうだ。なかには、インバウンド消費が過半を占める店舗もある。19年7~12月における免税売上高の割合が5割以上の店舗(開店後6カ月経過している店舗)は5店舗あり、「道頓堀北館」(大阪市)が82.6%、「道頓堀店」(同)が 68.3%、「道頓堀御堂筋店」(同)が62.5%、「国際通り店」(那覇市)が54.8%、「銀座本館」(東京都中央区)が54.7%となっている。これらの店舗はインバウンド消費に頼っていたため、深刻な状況に陥るだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ