レナウン消滅の危機、株価「4円」に…再建スポンサー企業探し難航、会社解体も現実味の画像1
「レナウン HP」より

 民事再生手続き中のレナウン株が6月15日、東京証券取引所で最終売買を終えた。終値は4円。手続きを申請した5月15日の78円と比較すると95%(74円)安となった。

 レナウンは1963年に上場。ダーバンと経営統合する前の1989年には1610円の高値をつけた。上場来高値は2006年の2220円である。上場企業として57年の歴史に幕を閉じた。最終の株価4円を基準とした時価総額はおよそ4億円。リーマン・ショック前の500分の1にも満たない。

 5月、中国の親会社・山東如意科技集団からの資金回収が遅れる最中、新型コロナウイルスで売上が急減。資金繰りに行き詰った。負債総額は138億円。コロナ禍で経営破綻した初の上場企業となった。

 裁判所が選んだ管財人のもとで再建に向け、スポンサー企業を選定中で、複数の事業会社やファンドが名乗り上げた。6月末までに決定したい考えだったが、会社全体の引き受けを前提とするスポンサーの選びが難航している。

 営業の柱だった百貨店での販売の先行きが見通せず、破綻に伴うブランド価値の毀損も大きい。会社を一体的に引き受ける計画を示すスポンサーが出てくるかどうかは予断を許さない。ブランドの国内使用権や事業ごとの切り売りとなり、レナウンは“解体”を迫られる可能性がある。

 リストラを進め運転資金の確保に努めている。三井住友銀行から20億円の融資枠の設定を受けた。新たなスポンサーによる再建計画が認可されるまでの運転資金に充てる。

 応募の結果は非公表だが、全従業員の3分の1にあたる300人規模の人員削減は、募集締め切りまでに人数が集まらず延期した。グループ会社の紳士服製造子会社、ダーバン宮崎ソーイング(宮崎県日南市)が連鎖倒産し、従業員136人は7月5日付で解雇された。

黄金時代を築いた“中興の祖”尾上清

 レナウンは1902(明治35)年の創業。百貨店を主な販路とするアパレル企業だ。戦後のレナウンをつくり上げたカリスマ経営者は尾上清である。NHKの2016年下半期の朝ドラ『べっぴんさん』で高良健吾が演じた洋服メーカー、オライオンの社長のモデルになっている。

 NHK大阪放送局制作の朝ドラは関西企業の創業者をモデルにしたものが多い。『マッサン』はニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝とサントリー創業者の鳥井信治郎。『あさが来た』は大同生命創業者の広岡浅子。『まんぷく』は日清食品創業者の安藤百福。『わろてんか』は吉本興業創業者の吉本せいである。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ