【完了】30代も対象に…希望退職募集ラッシュ、企業のパソナ&ランサーズ依存進行の実態の画像1
売却予定のエイベックス本社ビル(「Wikipedia」より)

 厚生労働省は6日、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴ういわゆる“コロナ解雇”が全国で7万人を超えたと発表した。折しも音楽関連の事業を手掛けるエイベックスが5日、初の希望退職募集(100人)を発表して話題になった。しかし、その翌日にはゲーム・遊技機器メーカー大手セガサミーホールディングス(HD)がグループ7社で650人の希望退職者募集を発表。10日には「洋服の青山」「THE SUIT COMPANY」などを展開する紳士服大手の青山商事が、約400人の希望退職を募集すると発表するなど、社会に動揺が広がっている。

 いずれも希望退職の対象は40代を中心とする“働き盛り”の世代。かつて就職氷河期を経験し、今、住宅ローンや子どもの学費の捻出に追われる労働者が最もしわ寄せを受けることになる。だが、窮状にほくそ笑む業界がある。人材派遣大手のパソナグループや業務委託仲介大手のランサーズだ。

希望退職対象者の低年齢化が進む

 セガサミーHDの発表によると、今回の希望退職募集の対象者は一般社員が35歳以上、部長を除く管理職は45歳以上。青山商事は40歳~63歳未満で勤続5年以上の正社員・無期契約社員という。大手企業の希望退職の募集はこれまで50代を中心とする設計が目立っていたが、ここにきて低年齢化が大きく進行した形だ。

 一方、若手とはいえ勤続5年以上となれば、それなりのスキルもあるはずだ。セガも青山もそれぞれの業界で大きな存在感を持つ。前職の経歴を持ってすれば転職、再就職活動もうまくいくのではないだろうか。しかし、実態はかなり厳しいようだ。リクルート関係者は次のように話す。

「確かにセガさんや青山さんで働いて方たちは、当方で企業さんに紹介する際もしっかり前職の企業名をアピールできます。最近は35歳以上のミドル世代の需要もそれなりにあり、うまくマッチングできるケースも多いです。

 しかし、例えばゲームは大手ですら、今回のコロナ禍の影響を受けて各種家庭用ゲームの企画が停滞していて、雇用は低下気味です。遊技機器はゲームよりさらにニッチな業界かつ、コロナ禍でどこの遊技施設の営業も低迷しています。青山さんのような衣料品販売の営業は、そもそも小売り全般が厳しい状況にあるので、いわずもがなです。キャリアに見合ったお給料の仕事を紹介するにしても、イーコマース(EC)サイトの運用経験があるとか特出したスキルがなければ、かつての同僚同士で少ない椅子をめぐって競いあうことになると思います」

関連記事