NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

アマゾンギフト券、突然「すべて没収」続出…アマゾンと仲介業者、抜本的対策取らない理由

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

アマゾンギフト券、突然「すべて没収」続出…アマゾンと仲介業者、抜本的対策取らない理由の画像1
サイト「Amazon」より

「ある日突然、アマゾンギフト券15万円分が使えなくなるなんて信じられない。補償もないんですよ」――。

 アマゾンギフト券を仲介業者から購入し、高級カメラを購入しようとした自営業の30代男性はこう憤る。ツイッター上でも同様の事例が多く報告されており、数百万円が使用不可になった事例もあるといい、一部では被害者の会も結成されている。

割安なギフト券はもはやギャンブル

 アマゾンギフト券はネット通販世界最大手アマゾンのサイト内で現金同様に買い物ができるオンライン上のギフト券だ。コンビニで売っているギフト券番号が書かれたカードか、アマゾン上でクレジットカードを通して購入する。ギフト券は購入額の数%程度がサイト上で現金同様に使えるポイントがつくこともあり、近年、個人客だけでなく、飲食店や企業による大量買いなどに使用するケースも増えており、すそ野が広がっている。

 今回問題となっているのは、仲介業者経由で購入したギフト券。アマゾン側がクレジットカードのスキミングなどの不正利用で購入されたと把握しているものが、金額にかかわらず少しでも使用された場合、購入者のアカウントが保有するギフト券すべてが没収される。同じアカウントで繰り返されたり、悪質性が高いとアマゾン判断した場合は、アカウントそのものが停止に追い込まれることもある。アマゾンのサイトにも明記されている

 仲介業者サイトでは、ギフト券の所有者が実際に売れた額の2~3%の手数料を仲介業者に支払う形で売りに出すことができる。そのギフト券は概ね、額面の1割程度割安な価格でサイト上で売られる。10万円分のアマゾンギフト券が8~9万円で買えるのだから、確かにお得感はある。

 ただ、このギフト券のなかには違法なものが含まれているかは消費者側からわからないため、数万円得しようとして運が悪いと全額没収されるという、まさにギャンブル状態になっているというわけだ。

キャッシング枠の現金化利用も

 ここまでの話だけを聞くと、セコい消費者の自業自得と思われるかもしれない。しかし、取材を進めるにつれてアマゾンと仲介業者の間のもたれ合いが、消費者が一方的に損をするグレーな状況を生んでいることが明らかになった。

 そもそも仲介業者にギフト券を販売するのはどういう人々なのだろうか。クレジットカード会社関係者はこう解説する。

「いらなくなったギフト券を現金化したいという素朴な売り手のほか、借金返済のためにクレジットカードのショッピング枠を現金化する手段として使われている部分が多いと推測されます。実際、仲介業者のサイトでは毎月10日とか25日の前になると、値引率が上がっているのがその証拠です。数万円損をしてもなんとしてもすぐに現金がほしい人間がギフト券を売るため、いつもより安売りになるというわけです。

 仲介業者側にとっては客が持ってくるギフト券を左から右に流すだけで売却額の⼿数料が⼊ることになる。2%だとすると本来10万円のギフト券が8万円で売れれば場合、2000円程度が仲介業者側に⼊ることになる。例えばこれが月に1万回取引があれば、月にほとんどコストをかけることなしで月2000万円の利益を上げられる計算になり、ボロ儲けというわけです」

関連記事