豊洲市場、コロナ感染者急増でも都がクラスター認定できない理由…場内の異様な実態の画像1
豊洲市場(getty imagesより)

 これで危機は去ったのか――。東京都は7日、豊洲市場(江東区)の業者でつくる「豊洲市場協会」が実施していた同市場内での新型コロナウイルスの自主検査が終わり、陽性判明者は計71人だったと発表した。豊洲市場では先月、複数のメディアが場内での感染拡大を報じていた。同市場では今月7日までの感染判明者は計160人となっている。

 東京都の発表によると、検査は11月2日~12月4日の間、約480団体の水産仲卸業者の従業員約3500人を対象に任意で実施。3111人が検査を受け、陽性率は2.3%だったという。東京新聞インターネット版が8日に配信した記事『豊洲市場の新型コロナ感染者は160人に 小池知事「自主的な検査の結果」』では、「小池百合子知事は8日午前、報道陣の取材に対し、『自主的に検査を受けられた結果。いろんな努力をされている結果だと思います』と述べた」としており、都としては感染拡大を防いだという認識のようだ。

豊洲ロックダウンは多方面に壊滅的な被害を与える可能性も

 豊洲市場では11月、感染者の急増に仲買人たちが危機感を強めていた。豊洲で初めて感染者が確認されたのは8月15日のことだった。以降、微増と減少を繰り返していたが、11月に入って急増に転じた。同市場の感染者160人のうち、101人の感染が判明したのは11月だった。こうした状況を受けて、豊洲市場協会が任意で場内関係者の検査を実施していたのだ。同市場に青森県産のマグロなどを運び入れているトラック運転手男性は次のように振り返る。

「先月は市場の様子がおかしかった。市場にいるのは30分以内にしてくれといわれたり、馴染みの仲卸の姿が見えなくなっていたり。

 よくよく聞けば、『感染したのかもしれない』という。なぜ『かもしれない』のかというと、検査を受けて正式に感染が判明すると、店も従業員も休業して消毒は必須です。しかも、1軒や2軒じゃない。流通のハブの豊洲で、しかも書き入れ時のこの年末にそんなことが起これば大惨事です。

 とりあえず家で1週間くらいおとなしくしているのだと。確かに、このタイミングで豊洲の仲卸がダウンすれば、歳末にかけて1年分の金を稼ぐ漁師も、その成果を運んでいる我々も、仲卸を介して食材を提供する小売、飲食店も全員、路頭に迷います。ゾッとする話でした」

 築地、豊洲の新年の初競りで高額な値段のつくマグロで知られる青森県大間町のマグロ漁師は次のように語る。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合