NEW

商船三井・日本郵船、日本の海運企業が息吹き返す…改革の成果実る、世界で海運業の重要性増す

文=真壁昭夫/法政大学大学院教授
【この記事のキーワード】

, ,

商船三井・日本郵船、日本の海運企業が息吹き返す…改革の成果実る、世界で海運業の重要性増すの画像1
商船三井のサイトより

 足元で海運市況が上昇している。2021年3月期決算では、日本郵船商船三井など日本の海運企業は経常損益レベルで増益を実現し、株価も上昇基調で推移してきた。

 そのなかで注目したいのが商船三井だ。6月21日に同社は他社に先駆けて2022年3月期第2四半期(累計)などの業績予想を上昇修正した。その背景要因を冷静に考える意義は大きい。なぜなら、海運は資源や自動車などのモノの運搬に不可欠な物流手段の一つであり、世界の実体経済(需要と供給)に大きな影響を与えるからだ。

 重要なポイントは、中長期的に世界経済にとっての物流の重要性が一段と増すことだ。特に、大量のモノを運ぶ上で海運業の効率性向上は、米中などをはじめ各国の経済と社会の安定に無視できない影響を与える。商船三井がそうした展開を念頭に、事業ポートフォリオの改革と新しい事業分野への進出を強化して、より効率的な付加価値の獲得を目指していることは注目に値する。

世界的な海運市況上昇の背景

 海運市況は世界経済の変化を機敏に反映する。主要国の経済が成長したり、モノの需給がひっ迫したりする場合、コンテナ船などの運賃は上昇しやすい。足許、海運の運賃の動向などを総合的に示すバルチック海運指数が11年ぶりの高値圏にあるのは、いかに海運への需要が強いかを示す。

 海運は、大きく3つに分類できる。まず、鉄鉱石や石炭などを運ぶ「ドライバルカー(梱包せずに運ぶばら積み船)」、二つ目が原油や石油関連の製品を運ぶ「タンカー」、3つ目が工業製品や農産物などを運ぶ「コンテナ船」だ。2019年、世界の海上荷動き量は約119億トンだ。そのうち4割強をばら積み船がしめ、3割程度がタンカー、2割程度がコンテナ船などだ。

 リーマンショック後、世界の海運市況は不安定に推移した。2011年後半以降は中国経済の成長率の鈍化によって海運需要は停滞した。その一方で、世界経済のデジタル化の加速によって、海運市況を取り巻く環境は変化し始めた。アマゾンなどのプラットフォーマーの急成長が物流の重要性を押し上げたのである。航空貨物に比べ、海運には輸送量とコスト面で優位性がある。ただし、リーマンショック後の世界経済全体では中国経済の成長鈍化や過剰生産能力の問題があまりに大きく、海運市況の持ち直しには時間がかかった。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合