NEW

大企業、資本金1億円に減資の“中小企業化”急増、税負担を軽減…法人税、抜本的見直し議論が浮上

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

大企業、資本金1億円に減資の“中小企業化”急増、税負担を軽減…法人税、抜本的見直し議論が浮上の画像1
「Wikipedia」より

 東京観光のシンボル、はとバス(東京・大田区、非上場)は6月30日付で、資本金を3億5000万円から1億円に減らした。減資した部分は剰余金に組み入れる。6月24日に開いた株主総会で決議した。

 新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言発出で、すべてのツアーを休止するなど厳しい事業環境が続く。税負担を軽くし、手元資金を確保する狙いがある。はとバスの筆頭株主は東京都(持ち株比率37.93%)。JTB(同27.57%)、財団法人メトロ文化財団(同12.53%)、東京地下鉄(同10.02%)、いすゞ自動車(同8.28%)などが大株主だ。東京都のグループ企業である。

 資本金を減らす動きはコロナ禍で外出自粛などの影響を受けやすいバス事業者で相次いでいる。羽田空港や成田空港を発着するエアポートリムジンを運行する東京空港交通(東京・中央区)も6月30日付で、資本金を13億4000万円減らし、1億円にした。日本空港ビルデング(持ち株比率27.42%)、京成電鉄(同27.33%)、成田国際空港(同13.76%)などが大株主である。

 東武鉄道など東武グループで路線バスなどを運行する東武バス(東京・墨田区)は、6月22日に開いた株主総会で資本金を24億7635万円減らし1億円にすることを決めた。実施時期は9月1日。シャトルバスや観光バスの利用者が減り資金繰りが悪化した。

旅行、ホテル、外食でも同じ流れ

 旅行業やホテル、外食でも同じ傾向が強まっている。箱根ホテル小涌園(神奈川県箱根町)やホテル椿山荘東京(東京・文京区)を運営するホテル業界の名門、藤田観光(東証1部)は7月16日に開いた取締役会で第三者割当増資と減資を決めた。

 日本政策投資銀行(DBJ)から第三者割当増資で150億円を調達する一方、資本金を増資後の195億円から1億円に大幅にスリム化する。9月27日、臨時株主総会を開き、減資に関する株主の承認を得る。DBJは減資されるとわかっている資本を提供する。国策に沿っているとはいえ、金融機関としては脇が甘い、との辛口の批判もある。

 DOWAホールディングス(東証1部)が持ち株比率31.82%で筆頭株主。DOWAの前身は戦前の藤田財閥の中核企業、同和鉱業だ。戦後、観光部門が分離・独立したのが藤田観光である。

 2020年12月期の連結最終損益は224億円の大幅赤字となった。債務超過寸前の状態となったため、21年2月、婚礼や宴会場として知られる「太閤園」(大阪市)を売却し、332億円の特別利益を計上して債務超過を回避した。2月に募集した希望退職に315人が応じ、3月末に退職した。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合