NEW

“日本のスーパー業界を創った男”ライフ清水会長、95歳で退任…過去最高益で後継者にバトン

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

日本のスーパー業界を創った男ライフ清水会長、95歳で退任…過去最高益で後継者にバトンの画像1
スーパー「ライフ」の店舗(「Wikipedia」より

 食品スーパー「ライフ」を展開するライフコーポレーションの創業者で代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)の清水信次氏(95)が、5月27日付で取締役名誉会長に退いた。1956年10月、清水実業(現ライフコーポレーション)を設立して代表取締役社長に就任して以来、今日に至るまで、現役の経営トップであり続けた。代表取締役の在任期間は64年。最年長で最長記録保持者でもある。

 ダイエーの創業者の中内㓛氏、イトーヨーカ堂創業者でセブン&アイ・ホールディングス名誉会長の伊藤雅俊氏、ジャスコ創業者でイオン名誉会長の岡田卓也氏らとともに日本に、流通革命をもたらしたスーパー業界の第一世代である。

 1926(大正15)年4月18日、三重県津市に生まれた。大阪貿易学校を卒業して応召。戦後は大阪の焼け野原の闇市からスタートした。闇市ではなんでもが驚くほどの高値で売れた。それでも、闇市稼業は危ないのでやめた。50年の朝鮮戦争勃発の知らせが転機となった。米国による占領下であったが、「朝鮮戦争で日本は変わる」との予感があった。

 戦争が始まった翌々日に東京行きの夜行に乗った。上野のアメ横には大阪にはないウィスキーやチューインガム、バナナ、米軍の横流し品までなんでも揃っていた。横流し品を大阪で売り始めた。GHQ(連合国軍総司令部)と直接取引し、米軍の占領軍物資を横流しした。

 貿易の仕事にも関わるようになり、日本パインアップル輸入協会を設立。パイナップルやバナナの輸入で利益を上げ、清水氏は「パインちゃん」の異名をとる。この仕事を通じて蓮舫氏(立憲民主党代表代行)の父で台湾人のバナナ貿易商の謝哲信氏と知り合い、家族ぐるみの交友を深めた。

 旧財閥系商社が復権してきたため、貿易商から転換を図る。61年、大阪府豊中市に「ライフ」1号店を開業し、食品スーパーを始めた。出入りしていた米軍のPX(基地購買部)を見て食品スーパーを思いついた。現在、ライフコーポレーションは首都圏と近畿圏に300店舗近いチェーン店を展開する大手スーパーに躍進した。

 86年、スーパーマーケットの業界団体、日本チェーンストア協会会長に就任した。中曽根康弘内閣の売上税構想の反対運動の先頭に立つ。90年、旧大規模小売店舗法(大店法)の即時撤廃を求めて行政訴訟を起こす。食品スーパー業界の論客として知られるようになる。

不動産会社秀和と組んで流通再編の主役に

 不動産会社、秀和の小林茂氏と組んで流通再編の主役に躍り出たことがある。バブルの最終局面の88年から90年にかけてのことだ。清水氏と小林氏は第2次大戦末期、千葉の陸軍鉄道第二連隊の“タコツボ隊”に所属していた。“タコツボ隊”とは九十九里浜に上陸してくる米軍戦車を想定して、あらかじめ穴を掘って待ち伏せ、敵が来ると戦車の下にもぐり爆破する部隊のことだ。タコツボの中から飛び出し、戦車の下に飛び込む玉砕訓練に明け暮れたという。2人は陸軍版“神風特攻隊”の戦友であった。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合