NEW
小林敦志「自動車大激変!」

米国の年間販売台数で「現代自動車がホンダを抜いた」新車販売の裏側

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】, ,
現代自動車の「ジェネシスG70」(「Wikipedia」より)
現代自動車の「ジェネシスG70」(「Wikipedia」より)

 アメリカの2021暦年締めでの年間新車販売台数を調べていると、「現代自動車(以下、ヒョンデ)がホンダを抜いた」というニュースがあった。しかし、統計を調べると、ホンダが130万9222台に対し、ヒョンデが73万8081台となり、大差でヒョンデの方が少なくなっている。おかしいなあと思っていたら、ブランドではなくグループ単位での話であることがわかった。

 韓国ブランドとしては、ヒョンデの他に起亜(キア)が有名だが、起亜はヒョンデの子会社となる。さらに、アメリカではヒョンデにおけるレクサスのような存在となる“ジェネシス”ブランドがあり、ヒョンデ、起亜、ジェネシスを合算したヒョンデグループが、ホンダだけでなく“アキュラ(ホンダの上級ブランド)”を合算したホンダトータルでの販売台数に勝った、ということなのである。

米国の年間販売台数で「現代自動車がホンダを抜いた」新車販売の裏側の画像2

 1975年に韓国初のオリジナル国産車となるコンパクトハッチバック車「ポニー」を発売したヒョンデ。そのヒョンデが世界的に注目を浴びるようになったのは、1986年からの北米市場への本格進出開始だろう。正式には、ポニーの後継車となる「エクセル」(ポニー エクセルから改名)がアメリカ市場でデビューし、進出直後から大ヒットしている。

 アメリカでブランド別に新車アルバムを作る際にはアルファベット順で掲載されるため、ヒョンデはホンダの次に紹介されることが多い。それもあったのか、北米進出当初は限りなく“HONDA”に近いアクセントの発音で“HYUNDAI”と発音したテレビCMが使われており、一部のアメリカ消費者からは“ホンダの新型車”と間違われることもあったようだ。

 ちなみに、このエクセルは日本にも「ヒュンダイXL」として少量輸入販売されている。

日本車が苦手な欧州でも存在感を見せるヒョンデ

 2019暦年における世界の自動車メーカー販売台数ランキングにおいて、ヒョンデグループは世界5位(日系で最高はトヨタの2位)となり、8位のホンダより上位に入っている。

 日系と同じく北米市場が得意なだけではなく、日系ブランドが苦手とする欧州市場でも存在感を見せているのが大きな特徴。ただ、中国市場では、2017年に韓国にTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)が配備されると、韓国製品の不買運動が起こった。今もその余波が残っているとされ、中国市場はここ数年、販売苦戦傾向が目立っている。

 また、新興国市場では“どぶ板営業”ともいわれるタフな売り込みが得意技となっている。日系メーカーが二の足を踏むような政情不安定地域でも、ニュース映像を見ると、ヒョンデや起亜のモデルが多数、街なかを走っている。

 また、まずはタクシーなどへのフリート販売を進めて、販売シェアを増やして知名度を上げようとの動きも目立っている。中国でも、まずはタクシー車両販売を積極化させたのだが、これが少々行き過ぎたのか、「タクシーでよく走っているので嫌だ」という反応を示す消費者も目立ってしまったという話もある。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合