NEW

セブン、空中ディスプレイ型セルフレジ導入…製造元のアスカネットとは何者?

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
セブン、空中ディスプレイ型セルフレジ導入…製造元のアスカネットとは何者?の画像1
アスカネットの公式YouTubeチャンネルより

 ウクライナ情勢の緊迫化で2月14日の東京株式市場は700円を超える下げとなり、日経平均株価は心理的な節目の2万7000円を下回る場面があった。その後、2万6000円を割り込み、3月8日には2万5000円を下回った。底割れ状態といっていい。

 新興市場でも幅広い銘柄で売りが広がったが、デジタル画像処理のアスカネット(東証マザーズ上場)は2月14日、大幅高となった。一時、前日比225円(18.75%)高の1425円をつけ昨年来高値を更新した。終値は125円(10.42%)高の1325円だった。2月17日には1645円、118円高と続伸した。これが昨年来高値である。

 昨年12月30日の大納会の終値は768円だったから、2月17日の終値(1552円)と比較すると株価は2倍になったことになる。アスカネット株が買われた理由としては、セブン-イレブン・ジャパンがアスカネットの非接触・空中ディスプレイ技術をセルフPOS(販売時点情報管理)レジに採用するための実証実験を2月1日から東京都内の6店舗で始めたことがあげられる。今後、本格導入されればアスカネットの業績に貢献するとの期待から買いが集まった。

 セルフPOSはレジ画面を空中に結像し、空中に浮かんだ映像をタッチパネルと同じように操作できる。同様の技術はホテルやオフィスなどの受付機、デジタルサイネージなどで使われているが、POSレジに採用した実証実験は世界で初めてだという。

 デジタルサイネージとは、屋外、店舗、公共空間、交通機関などでディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するメディアのことである。完全非接触による安全・安心の提供を目的に検証を進めるが、新たな買い物体験を提供することにもつながる。セブンはレジカウンターの省スペース化も図れるので一石三鳥である。

 セルフPOSは空中ディスプレイを製造するアスカネットがタッチパネル付き液晶モジュールを手がける神田工業(兵庫県姫路市、非上場)、三井化学、三井物産プラスチック、東芝テックと共同開発した。

アスカネットの営業の3本柱

 アスカネットの創業者は福田幸雄氏だ。広島県出身。文化服装学院ファッションデザイン科卒。服飾デザイナーなどを経て、1982年、飛鳥写真工芸社を創業。83年、飛鳥写真館として法人化。95年、アスカネットを設立し社長に就任した。2005年、東証マザーズに上場。18年、社長を松尾雄司氏に譲り、会長兼CEOとなったが、20年に退任した。経営の第一線を退いたとはいえ、福田氏はアスカネット株の発行済み株式の23.43%を保有する筆頭株主だ(21年10月末現在)。

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合