NEW

世界初、レッカー車のDXを実現…進化するレッカー車と意外なレッカー業界の現状

文=二階堂運人/物流ライター
【この記事のキーワード】,
世界初、レッカー車のDXを実現
変化するレッカー車(「Getty Images」より)

 レッカー業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)によって、安全革命が始まろうとしている。このDXの肝となる世界初・業界初の新システムが、5月12日からパシフィコ横浜で開催される『ジャパントラックショー2022』で発表される。その画期的なシステムとは、どのようなものか。また、それによってレッカー業界にどのような革命を起こし、何を導くのか。

業界初・世界初のデジタルトランスフォーメーション

 レッカー業界初、世界初のDXとなる「PTOモニタリングシステム」を開発したのは、神奈川県横浜市に本社を構える、株式会社ヤマグチレッカーだ。

 ヤマグチレッカーは1984年の創業以来、レッカー車販売及びロードサービスを主な事業としており、主要納品先には首都高速道路株式会社、首都高パトロール株式会社、阪神高速パトロール株式会社首都高など数多くの顧客を持つ、レッカー納入実績日本一の、いわば“レッカー業界の雄”である。

世界初、レッカー車のDXを実現…進化するレッカー車と意外なレッカー業界の現状の画像2
株式会社ヤマグチレッカー代表取締役山口喜久雄氏

 世界初のレッカー車DXの肝となる「PTOのIoT化」とは、どういったものなのか。PTOとは「パワーテイクオフ」の略であり、トラックに搭載されるレッカーなどの作業用装置をエンジン動力で動かすためのシステムのことをいう。PTOにより、レッカー車はクルマをレッカーすることができるのだ。

 今回開発された新システムは、PTOをIoT(モノのインターネット)化し、常にPTOを遠隔管理(モニタリング)できるようにした。レッカー業界にとって初のDXの実現である。

PTOのIoT化で何がどう変わるのか?

 ヤマグチレッカー代表取締役山口喜久雄氏は顧客視点、そして社会課題の解決の思いからPTOのIoT化に着目した。

 PTOの仕組みは、エンジン動力を「油圧」という油の力へ変換するものだ。変換されたエネルギーは、「PTOシャフト」と呼ばれる装置によってレッカーなどの作業装置を動かす。油圧の原動力である油に、異常をきたしたり摩耗したPTOシャフトを放置しておくと、思わぬ故障につながることもある。

 レッカーなどの作業装置には、車検のような定期的に点検をする義務はない。だが、しばらくメンテナンスをせず、PTOに異変を感じた時には手遅れになることもある。レッカー車が故障で修理となれば、当該車両のレッカー活動を中止せざるを得なくなる。場合によっては、修理に半年かかることさえあるという。 

 また、レッカー車に想定外の故障が起これば、レッカー車を使う顧客に、大きな時間や費用の損失が発生するだけでなく、事故にも即応することができなくなり、社会的な損失ともなる。

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合