ビジネスジャーナル > 企業ニュース > 失敗の研究:ニコン苦境脱出の兆し
NEW

失敗の研究:ニコン、カメラで培った高い光学技術を成長分野に活かせず…苦境脱出の兆し

文=真壁昭夫/多摩大学特別招聘教授
【この記事のキーワード】, ,
失敗の研究:ニコン、カメラで培った高い光学技術を成長分野に活かせず…苦境脱出の兆しの画像1
ニコンのHPより

 世界全体で半導体の不足が深刻だ。その状況下、光学機器などのメーカーとして成長してきたニコンは、デジタルカメラなどを軸とした事業構造を転換し、半導体露光装置などの精密機器メーカーとしての成長基盤の確立を目指すチャンスを迎えつつあると考えられる。1990年代に入って以降の同社の事業運営のヒストリーを確認すると、現在の世界経済の環境変化はニコンが世界的な競争力の発揮を目指す大きなチャンスといっても過言ではない。

 当面、世界経済全体での半導体不足は続くだろう。現在、最先端だけでなく、車載用をはじめ汎用型の製造装置を用いて生産されるICチップなどの不足は深刻だ。その一方で、やや長めの目線で考えると、世界のデジタル化は加速し、IT先端分野の設備投資は増えるだろう。演算処理やパワーマネジメントに加えて、データの保存を行うための半導体の需要はこれまで以上に増える可能性が高い。ニコンがあきらめずに新しい製造技術を実現する展開を期待したい。

売上高の減少局面に陥るニコン

 2013年3月期以降、ニコンの売上高は減少傾向が続いている。その背景には複合的な要因が影響している。まず、スマートフォンの普及によってニコンが強みを発揮してきたデジタルカメラの需要が急速に落ち込んだことは大きい。本来であればニコンはデジタルカメラなど映像関連の事業で獲得した資金を、他の企業には模倣することが難しい、より精密かつ微細な製造技術の実現に再配分すべきだった。その一つが半導体の露光装置(ステッパー、微細な半導体の回路をシリコンウエハなどの基盤に電子ビームや紫外線などを用いて焼き付けるための超精密な機械)だった。

 しかし、それが難しかった。1990年代に入り、日本経済はバブル崩壊の影響によって長期の停滞に陥った。それに加えて、1996年7月まで日米半導体摩擦が続いた。景気低迷による業績悪化や海外の半導体メーカーとの競争激化によって、国内の総合電機メーカーや重電メーカーは半導体事業から撤退した。それによって、一時世界トップレベルの競争力を誇ったニコンの半導体露光装置の需要が減少した。2010年代のはじめにニコンは極端紫外線(EUV)を用いた半導体露光装置の開発から撤退した。

 他方で、オランダのASMLがTSMCなどと業務、および資本面での関係を強化して経営体力をつけ、最先端の製造技術の実現にひたむきに取り組んだ。その結果、今日最先端といわれる回路線幅5ナノメートル(ナノは10億分の1)のチップ生産に用いられるEUV露光装置を製造できるのはASMLだけだ。

失敗の研究:ニコン、カメラで培った高い光学技術を成長分野に活かせず…苦境脱出の兆しのページです。ビジネスジャーナルは、企業、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!