NEW

成城石井が上場へ、魅力喪失の懸念…親会社ローソンが日販急減で苦境

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
成城石井が上場へ、魅力喪失の懸念…親会社ローソンが日販急減で苦境の画像1
成城石井(「Wikipedia」より)

 ローソンは完全子会社の高級スーパー、成城石井(横浜市)を23年度までに東京証券取引所プライム市場に上場させることを目指す。年内に上場を申請するとみられている。上場時の時価総額は2000億円を上回るといわれており、食品スーパーではヤオコーに次ぐ規模となる。親会社ローソンは成城石井の持ち株比率を50%未満に引き下げ、調達した資金はローソンの成長資金に充当する。

 成城石井の社名は、成城学園駅前(東京都世田谷区)に1927年に創業した果物店に由来する。戦後、輸入食料品を扱う高級スーパーとして多店舗展開を開始したが、その後は転売の連続だった。2004年、焼肉チェーン「牛角」を運営するレインズインターナショナルが買収。11年、三菱商事系の投資会社、丸の内キャピタルに経営権が移った。14年、ローソンが丸の内キャピタルから成城石井の全株式を550億円で買い取り完全子会社とした。

 現在、成城石井は首都圏を中心に約200店舗を展開。国内外の高品質な食品や飲料を取り揃え、ワインバーも運営。自社工場でつくる和洋中さまざまな総菜やハンバーグなどのプライベートブランド(PB)商品の評判が高い。東は宮城、西は岡山まで出店しているが、岡山以西への出店が今後の課題といわれている。

 22年2月期の売上高にあたる営業総収入は前期比5.4%増の1086億円、営業利益は8.8%増の112億円と4期連続の増益。ローソンの子会社でもっとも稼いでいる。

平均日販でファミマに逆転されたローソンの浮揚策

 セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社を比較すると、ローソンは収益力で3位だ。

【コンビニ大手3社の22年2月期の業績】

           営業収益       営業利益

・セブン-イレブン    8732億円(1.7%)   2233億円(▲4.4%)

・ローソン                6983億円(4.9%)     470億円(15.2%)

・ファミリーマート      4514億円(▲4.6%)  653億円(▲8.3%)

( )内は前年同期比伸び率(%)。▲はマイナス

 ローソンは国内コンビニエンス事業は減益だが、成城石井が伸び、チケット販売などエンタテインメント関連事業が黒字に転換したことで増収・増益となった。コンビニエンスストアは、かつては小売業の勝ち組として我が世の春を謳歌してきたが、市場が飽和状態になったうえに、サービスの同質化などコロナ禍に次々と問題が浮上した。

 21年はコンビニ業界の試練の年だった。新型コロナウイルスの感染拡大が始まった当初、営業閉鎖に追い込まれた百貨店など他の小売業に比べて、コンビニは生活インフラとして危機に強いと見なされていた。阪神淡路大震災や東日本大震災の際にも日用品の供給を続けたのがコンビニだったからだ。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合