舘内端「クルマの危機と未来」ニュース一覧

(50件)

偽装カルテルまでしてディーゼル車を延命の裏に自動車の「不都合な真実」

2015年に米国から始まったディーゼルエンジンの排ガスをめぐるトラブルは米国、...

NEW

排ガス検査不正してまで自動車メーカーがディーゼル車を延命の理由

燃費に優れ、力もあるディーゼルエンジンだが、こと排ガスに関しては違反が続く。欧...

NEW

自動車の主要な量産地は数年内に日本から中国に移る…EVで遅れた日本の歴史的必然

20世紀を自動車の時代として拓いたのは、米国の自動車量産システムだった。手づく...

NEW

EV世界覇者テスラを脅かすのはトヨタより日産・ルノー・三菱連合と考えられる根拠

日産・ルノー・三菱の3社連合は、EV(電気自動車)に2026年度までの5年で3...

NEW

トヨタ「2030年にEVを350万台販売」は非常に無理があると考えられる根拠

EV(電気自動車)ネガティブのトヨタ自動車が、大変身を遂げた。2030年には3...

NEW

122年前に時速100キロ超えた最初の乗り物はEVだった…現在と構造変わらず

今から122年前の1899年に、「ジャメコンタント号」と名付けられたレーシング...

NEW

ホンダ、最も困難な選択「エンジン全廃」の裏にEVでの勝利の確信…第二の創業へ

エンジン技術の頂点、F1を何度も制覇し、エンジン技術で世界を席巻してきたホンダ...

NEW

世界の自動車メーカー、EV用電池工場へ巨額投資競争…取り残された日本の自動車産業の危機

ホンダはF1から撤退し、EV(電気自動車)専業メーカーとして邁進する。2040...

NEW

佐川急便、中国製EVトラックを7千台採用…日本の自動車メーカー、EV商用車でも海外勢に劣勢

スロースターターの日本を尻目に、ヨーロッパと米国、そして中国のEV(電気自動車...

NEW

EV電池が足りない…世界的な争奪戦が熾烈化 大手EVメーカー5社の“囲い込み”競争

EV(電気自動車)シフトが鮮明になるにつれ、電池をめぐる競争がいっそう激しくな...

NEW

「エンジン技術屋集団」ホンダがエンジン車全廃宣言…設備も人もすべて切り替え、必ずやりきる

ホンダは、チャレンジを繰り返して成長したメーカーである。かつてもそうだったが、...

NEW

「エンジン自動車の時代」を築き上げたGMとホンダは、なぜエンジン自動車を捨てるのか?

現在でこそトヨタ自動車やVW(フォルクスワーゲン)に生産台数で抜かれているが、...

NEW

EV、2025年にガソリン車と同じ価格水準に…リチウムイオン電池で技術革新、価格3分の1に

新型コロナウイルスの感染拡大が、経済・産業をズタズタにしている。自動車産業も例...

NEW

EV、石炭火力発電なら意味がない…発電で大量のCO2排出、EVの削減効果を帳消し

気候変動が非常事態を迎えるなか、脱石炭の嵐が吹き荒れている。石炭火力発電は石油...

NEW

物流業界、エンジン車からEVへ移行本格化…絶大なコスト削減&人手不足解消の効果

ヤマトホールディングス(HD)傘下のヤマト運輸が首都圏の宅配に小型のEV(電気...

NEW

自動車産業、CO2ゼロ達成のため大幅人員削減を容認の方向…新車の4割がEVか

欧州連合(EU)は、2030年の自動車の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減...

NEW

スバル、代名詞の水平対向エンジンで大規模リコール…費用膨大、深刻な経営問題に発展か

スバルは昨秋以降、無資格検査問題や排ガス・燃費データの改ざん、ブレーキ検査の不...

NEW

EV、災害時に家の「電源」として利用…三菱アウトランダーPHEVなら4日間持つ

9月6日未明に北海道胆振東部地方を襲った震度7の地震によって、北海道は全域にわ...

NEW

トヨタの燃料電池車、存亡の危機か…世界3大勢力が撤退、水素インフラも圧倒的に不足

トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)戦略が攻勢を強めている。今度は米国カリフォル...

NEW

ベンツ、汚れたブランド…不正で排ガス垂れ流しリコール命令、ディーゼル車絶滅の危機

ドイツがディーゼルエンジンの排ガス不正で揺れている。一方、欧州ばかりか日本でも...

NEW

EVの日産NOTE e-POWERが、北海道で売れ始めた「当然の理由」

昨冬から積雪地帯で二輪駆動のEV(電気自動車)が売れ始めた。次の冬には積雪地で...

NEW

ガソリン車、存続の危機…エンジン部品メーカー、生産撤退始まる

住友化学は欧州でのディーゼル排ガス浄化装置の中核的な部品であるDPF(ディーゼ...

NEW

ガソリン車、世界的に禁止へ…日本の自動車メーカー、大規模な人員削減と下請け淘汰必至

ヨーロッパで電気自動車(EV)が熱い。多くのメーカーがEVの開発、生産に意欲を...

NEW

エンジン車とディーゼル車、世界的に禁止へ…社会的役割が終焉、電動車が主流に

ディーゼル車が再び排ガス不正疑惑で揺れている。ドイツ検察はメルセデス・ベンツの...

NEW

【トヨタ社長の歴史的英断】数万点の部品&エンジン技術者の職を奪いかねないEV化推進

電気自動車(EV)開発が難事業なのは、トヨタに限らない。最近、EV開発・販売に...

NEW

トヨタ、心底嫌ったEV開発着手、社内から激烈な反感…非トヨタ人材主導の異常体制

次世代車として燃料電池車(FCV)開発に注力していたトヨタ自動車が、2020年...

NEW

充電せず走れる日産ノート、トヨタのプリウスを凌駕…開いてしまった「パンドラの箱」

果たして電気自動車(EV)は充電せずに走れるのだろうか。答えは否である。EVは...

NEW

トヨタ新型プリウスPHV、数多くの誤解の根源…深刻な「充電待ち問題」

トヨタ自動車の新型プリウスPHV(プラグインハイブリッド車)は、家庭用100V...

NEW

トヨタ新型プリウスPHV、燃料代は月840円だが満充電に14時間

トヨタ自動車の新型プリウスPHV(プラグインハイブリッド車)は、充電ができるH...

NEW

トヨタの新型プリウスPHV、満充電に14時間…それでも人類の目指すべき方向性に一致

「充電しないと走れないハイブリッド車(HV)はいらない」あるドイツ車のディーラ...

NEW

トヨタ、世界市場から締め出される危機発生…「生命線」新プリウスが想定外の販売延期

今秋に発売が予定されていたトヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHV)、新...

NEW

トヨタのプリウスもディーゼルも、絶滅の危機か…CO2規制強化でPHEVが市場席巻か

2021年までには、相当の勢いでプラグインハイブリッド車(PHEV)がEU(欧...

NEW

日本車の危機、米国で走れなくなる懸念…次世代車で圧倒的敗北、日本全社でたった1車種

次世代自動車の覇権は、どうやら広くは欧州車、狭くはドイツ車に握られたようである...

NEW

クルマ燃費偽装の「真犯人」…そもそもカタログ数値はすべて間違っているし、正しい

4月以降、三菱自動車工業やスズキの燃費データ不正問題が世間を揺るがしているが、...

NEW

車の燃費、とんでもなく良くor悪くする運転方法…「本当の燃費」など存在しない

自動車の加速性能の指標として、スタートから時速100キロメートルに達するまでに...

NEW

三菱アウトランダーはガソリン代ゼロ&燃費リッター100キロ?ガソリン車は消えるのか

三菱自動車工業の相川哲郎社長は普段、同社のプラグイン・ハイブリッド車(PHEV...

NEW

トヨタの燃料電池車ミライ、実はエンジン車よりずっとCO2排出量が多い?

本田技研工業(ホンダ)が開発したスマート水素ステーションでは、1キログラムの水...

NEW

ガソリン車が絶滅の危機…世界の石油の半分を消費、地球温暖化に「多大な貢献」

地球温暖化防止で進展を見せた気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)の...

NEW

クルマのカタログ燃費と実燃費の大きな乖離は、いい加減に解消されるべきである

カタログ燃費にくらべて一般的に実燃費は2割から3割悪い。これは実走行では排出ガ...

NEW

日本の自動車メーカー、絶望的に欧州勢から後れか

先日、米国環境保護庁(EPA)が「フォルクスワーゲン(VW)と、同グループのア...

NEW

日本の自動車メーカーが直面する「深刻な危機」

独フォルクスワーゲン(VW)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「ゴルフ G...

NEW

電気自動車と燃料電池車は利便性が劣る、との批判は“人間として”軽率である

トヨタ自動車の燃料電池車MIRAI(ミライ)は、燃料となる水素を700気圧まで...

NEW

疑問だらけのトヨタ・ミライ クラウン並みの大きさなのに4人乗り&車内狭い謎

トヨタの燃料電池車MIRAI(ミライ)には、これまでの自動車とは違うところがあ...

NEW

トヨタ・ミライ 5つの不思議を追う なぜパワー&レスポンスが“鈍い”のか

世界初の量産型燃料電池車であるトヨタのMIRAI(ミライ)の車重は1850kg...

NEW

疑問だらけのトヨタ“7百万円”ミライ 何が物足りない?実は4人乗り、パワー不足…

「高級車はデカくて、重いクルマのことだ」と看破したのは、自動車評論家の故徳大寺...

NEW

CO2排出量の多いトヨタ“エコカー”ミライの正体 700万円の価値はあるのか?

2014年12月15日に発売されたトヨタ自動車の燃料電池車、MIRAI(ミライ...

NEW

“究極のエコカー” 燃料電池車の化けの皮 ガソリン車より燃費悪く、多くのCO2排出

2012年の世界の石油消費量は42億2050万トンであった(省エネセンター資料...

NEW

“面倒くさい”燃料電池車、「環境にやさしい」はまやかし?燃費もガソリン車以下?

トヨタ自動車の世界初量産型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」が発売に...

NEW