NEW
豊田章男社長の硬直的発想に縛られるトヨタ自動車の株価上昇は限定的

【株主総会】社長のトンデモ発言で、トヨタに暗雲

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_305.jpg
『なぜトヨタは人を育てるのが
うまいのか』 (PHP新書)
 豊田章男社長のトヨタ自動車は自縄自縛に苦しみ始めた。

「日本のモノ作りの強みを発揮するためにも国内生産が必要だ」。6月15日、愛知県豊田市のトヨタ本社で開いた株主総会には、過去最多の3860人が出席。そこで、章男社長はまたまた持論を展開した。一方株主からは、「(海外生産に積極的な)日産自動車などに比べて国内生産比率が高い」「輸出比率を下げれば、もう少し利益が出るはずだ」「円相場が1ドル=75円まで進んだ場合の対応も考えるべきだ」などと、章男社長の円高対応策に対する懸念の声が相次いだ。

 煎じ詰めれば。トヨタの国内生産比率が高いことへの懸念だ。国内生産と輸出を担うトヨタの単体決算は、2013年3月期も700億円の営業赤字を見込んでいる。単体決算の累積の営業赤字は1兆5000億円に迫っている。

 円高で輸出などの事業環境は厳しいが、「もうかるという観点だけで自動車産業が海外進出を続ければ、雇用が失われる」と、章男社長は改めて「国内300万台体制」を強調した。章男氏は「輸出が100万台減少すると、国内で20万人の雇用が減少する」という独自の試算に言及した。

「厳しいときだからこそ自動車産業が日本を元気にするという思いで取り組む」と章男社長は語ったが、儲ける、利益をあげることを脇に置く章男氏の経営観が株主に受け入れられるとはとても思えない。

 さらに章男氏は株主総会で、経営者としては決して見せてはいけない弱さを吐露した。「私も生身の人間。トヨタや私のことを良くご理解いただけない人から中傷を受けると正直、心が折れてしまうことが多々ある」。なんと、弱い心の持ち主なのであろうか。中傷などではない。経営に対する株主からの指摘は、それがどんなに胸に痛くても、真っ直ぐに受け止めなければならない。社長になって4年目、創業家出身の50歳代の社長は若いというより幼いのだ。

 株主総会は役員賞与の支給など会社側が提案した3議案を可決して1時間45分で終了した。一言で言うなら、章男社長の熱意と株主の冷めた空気。このギャップはかなり深刻だ。