NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

マクドナルドのキャンペーン期間があいまいに終わる理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_573.jpg
パラッパッパッパ〜♪(「マクドナルド」HPより)
 人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。月刊誌「サイゾー」で連載されていた同企画(宝島社より単行本となって発売中!)が、ビジネスジャーナルにて復活!

 今週は、林賢一氏が、マックのお得なキャンペーンが末永く続くように祈って、物申した!

[回答者]マクドナルドお客様サービス室 様

 禁煙してから、よくマクドナルドに行くようになった。これまでは喫煙できる喫茶店を頭の中にインプットしていたのだが、もうその必要はない。堂々と禁煙のマクドナルドに入って100円のプレミアムローストコーヒーを飲む日々が続いている。100円なのに“プレミアム”と冠するのはどうか、という疑問はさておき、ちょっと休憩したいときに100円は助かる。5分休憩するだけなのに、老舗の喫茶店で700円もするこだわりの深煎りコーヒーを飲む必要はない。むしろ5分で退席したら、そんな気は毛頭ないのに「コーヒーがまずかった」感を醸し出してしまう恐れもある。やはり、マクドナルドは使い勝手が良い。

 というわけで、夏になってもホットコーヒーをちびちび飲んでいたのだが、暑くなってから一気に客層が変化した。Lサイズのジュースを飲む男子高校生の姿が急増したのだ。原因は明らかだ。

 【炭酸ドリンクALLサイズ100円キャンペーン】である。

 年頃の男子は炭酸飲料をガブガブ飲む。つられてLサイズを頼んでみたが、飲みきれなかった。翌日はMサイズを頼んでみたが、ちょっと多かった。翌々日、Sサイズを頼んでみるとちょうどよかった。若いってすごいなと思った、という話ではなく──気になったのはキャンペーン終了日時のざっくり感である。

 【8月上旬まで】

 これじゃあ夏休み後半、高校生がガブ飲みできないじゃないか。8月後半はどうすればいいんだ。しかも、なんでこんなにざっくりしているのか。とても気になる。

 そこで【マクドナルドお客様サービス室】に直接聞いてみた。

「【炭酸ドリンクALLサイズ100円キャンペーン】の終了日時が、【8月上旬まで】とざっくりしているのはなぜですか?」

担当者 もちろん、決まっているものの場合に関しましては表示させていただいているんですが、例えば商品がなくなってしまって終わる場合もございますし、好評いただいたら延長させていただく場合もございますので。

──炭酸飲料の在庫がなくなることがあるんですか?

担当者 在庫が終わる場合には、本当に終わってしまいますので、そのキャンペーン開始時点での状況では決められないというわけです。

──この【上旬まで】や【下旬まで】の区切りは、マクドナルドではよくあるんですか?

担当者 はい、ございます。例えばバーガーに関しましても、好評いただきましたら、期間限定のものから通常のレギュラーメニューに変わります。ですので、あらかじめ終了日時が決まっているものはお伝えできるんですけど、こちらでもお客さまからいろいろな意見をいただいて検討しておりますので、もしも評判が悪ければ商売ですので、早く終わってしまいます。

『マクドナルド 7つの成功原則』


ポテトも頼んで〜。

amazon_associate_logo.jpg