NEW
「エルピーダの負債を負担する保証はない」(買収元)

外資による買い叩き!? エルピーダ買収金額のウソがばれ迷走?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米マイクロンによるエルピーダ買収を報じる
5月6日付日経新聞。
 会社更生手続き中のエルピーダメモリをめぐり、社債権者である一部のグループが独自の更生案を提出した。

 従来案は2000億円で米マイクロン・テクノロジーがエルピーダを買収する内容だが、社債権者はこれを「安すぎる」とかみついた格好となった。従来案をひもとくと、2000億円とは見かけ倒しであり、驚くべき安値による「エルピーダ買収劇」が浮かび上がってくる。再建の行く末が定まる10月に向かって、さらに大きなヤマが待っているといえそうだ。

際立つ弁済率の低さ

 社債権者グループは、約20の海外投資ファンドなどから構成される。社債保有額は1000億円という。彼らが猛反発しているのは、弁済率の低さだ。エルピーダは約4200億円の負債を抱えるが、その7割は返済されず、「弁済されると言っている3割分も怪しい」(同グループ)という。

 エルピーダ側の従来の更生案では、マイクロンが600億円でエルピーダを完全子会社化。加えて、マイクロンがエルピーダにDRAM製造を委託する分として計1400億円を分割で払い、それを弁済に充てる考えだ。

 社債権者グループが疑問視するのが、この弁済分の1400億円だ。「支払う保証がまったくない」と主張している。実際、国内では取り上げられていないが、マイクロンが米国の証券取引委員会(SEC)に提出した公開情報の中で、エルピーダが返済するための1400億円をねん出できるかは「保証できない」と明記してある。

マイクロンは600億円でエルピーダを傘下に収める?

 7月2日、マイクロンの投資家向けの電話説明会では、財務担当役員が「すべての支払いはエルピーダが生み出す資金から支払われ、この仕組みの一部としてエルピーダから支払われている」と述べた。つまり、エルピーダが返済するため1400億円は、同社が将来生み出す(はずの)キャッシュフローから支払われ、それが不足したときの保証はないということだ。

 マイクロンに負債を支払う意思はなく、600億円でエルピーダを傘下に収められるという話だ。市場関係者からは、「枠組みから考えて、完全にエルピーダとマイクロンの出来レースでは?」との指摘が多い。

 さらに驚くべきことに、社債権者グループの関係者は、

「ディール成約時に払うとされているのは600億円だが、そのうちの計200億円は支払い手続き上必要なだけ。マイクロンが支払うことで確約しているのは実質380億円にすぎない。それも下方修正事項がついている」

と語る。つまり、2000億円といわれた買収額が実は5分の1以下にすぎず、それもさらに下がる可能性があるというわけだ。

『ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門』


エルピーダの二の舞にならないために

amazon_associate_logo.jpg