NEW
経由するだけで購入ポイント数倍!? ポイントモールはこう使え!

amazon、Tポイント…ポイント数倍になる賢いお買い物術?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「T-MALL HP」より
「ポイントモール」を利用したことがあるだろうか?

 ネット上の店舗でショッピングをするときに、ポイントモールを経由すると、直接店舗で購入するよりも多くのポイントがもらえる仕組みになっている。ポイントモールを運営しているのは、クレジットカード会社をはじめ、ポイントサービスを提供している会社やマイレージサービスを提供している航空会社などがある。

 クレジットカード会社のポイントモールの場合、まずポイントモールに入ってから、リンクが貼られているサイトに移行してショッピングをすると、通常のカードのポイントの2~3倍のポイントがもらえる。例えば、MUFGカードを使ってamazon.co.jpで買い物をする場合、直接amazon.co.jpのサイトで買うとグローバルポイントは1000円につき1ポイントしか貯まらないが(実質的な還元率は約0.5%)、三菱UFJニコスが運営しているモール「POINT名人.com」を経由すると、2倍のポイントがもらえることになっている。

 また、「ANAマイレージモール」やTポイントを提供する「T-MALL」の場合は、モールを経由すると、ANAマイレージやTポイントの加盟店からもらえるマイレージやポイントに加えて、それぞれのモールの利用分が上乗せされる。上乗せされるマイレージやポイントの率は、購入先の店舗によって異なる。

 いずれも、ポイントモールを運営している会社のクレジットカードや、ポイントカードを保有していないと、モールを利用することはできない。

 なぜモールを経由するだけで、ポイントが上乗せされるのか? 

 その背景としては、いわゆる「アフェリエイト」(成功報酬)ビジネスが成り立っているからである。クレジットカード会社であれば、自社カードの会員を、提携先のサイトやショップに送客して、提携先でショッピングが行われれば、提携先から手数料がもらえる仕組みになっている。その手数料の一部を、ポイントの上乗せという形で会員に還元しているわけだ。

 このように、単にネット店舗で買い物するよりも、ポイントモールの経由はひと手間かかるものの、ポイント獲得では有利になるので利用価値はある。しかし、利用自体はそれほど一般的に広がってはいない。その理由としては、モール内に買いたいモノを売っている店舗がないことがある。せっかくモールに入っても、買いたいモノがなければ、経由した手間が無駄になってしまう。

 それが続けば、だんだん利用しなくなる。さらに、品揃えは豊富でも、そもそもの価格が割高であるケースもある。一見、定価よりも安く販売されていても、楽天市場で探したらもっと安く売っている店があった、といった場合である。それでは、多少のポイントの上乗せがあったとしても、実際は損をしていることになってしまう。

 では、確実に得をするためにはどうするのか?

 割安な商品が豊富にそろっているサイトと提携しており、かつ、モール経由で上乗せされるポイントが多いものを利用することが大切だ。また、amazon.co.jpのように、独自のポイントがあまり付かない総合サイトと提携しているかどうかも重要となる。

 以下、オススメできるモールを挙げてみよう。