NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

批判殺到? 『スパイダーマン』新作がTSUTAYA独占のワケ

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_1095.jpg
物語はそこそこアメイジングでしたけど。
(「アメイジング・スパイダーマン公式サイト」より)
 人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。月刊誌「サイゾー」で連載されていた同企画(宝島社より単行本となって発売中!)が、ビジネスジャーナルにて復活!

 今週は、林賢一氏が、『アメイジング・スパイダーマン』がTUTAYAで独占できたワケを追求した!

[回答者]TSUTAYAコンタクトセンター

 映画は劇場でしか観ない。

 そう決めてから、去年は365本劇場で観た。どれだけ暇なんだ、という突っ込みは勘弁してほしい。暇ではなかったけれど、朝イチの上映にせこせこ通っていた、ということにしておいてほしい。そうでなければ格好がつかないではないか。

 今年は11月下旬の時点で163本とペースが落ちているが、まあ、2日に1本のペースになるだろうか。

 それに加えて最近は「カット数を数えながら観る」というかせを自分に与えた。ちなみに、イーストウッド主演の最新作『人生の特等席』は1473カットである。なぜこんなことを始めたのかというと……話が長くなりそうなので略、である。興味のある方はメールでも送っていたければ、丁寧に対応したいと思う。

 閑話休題。

「映画は劇場でしか観ない派」のわたしとしては、急激にレンタル屋に行く機会が減ってしまった。なにせ、1日に1本劇場で映画を観ている生活だったのだ。見逃した映画などほとんどない。劇場で臨場感を味わったのに、同じ作品を自宅モニターで観る気など一切ない。もし、2回目の鑑賞をしたいと思っても、劇場に行く。今のわたしはそれくらい徹底して劇場主義である。

 そんなわたしがCDを借りるため、久しぶりにTSUTAYAを覗いて驚いた。

 『アメイジング・スパイダーマン』TSUTAYA独占レンタル、である。

 2パターンの切り口で攻めてみたい。

 「正義の味方が、なんかせこくないか?」

 もしくは……。

 「そのレンタルシステム、全然アメイジングじゃねーよ」

 気になる。これ以上の言葉はいらないだろう。

 そこで【TSUTAYAコンタクトセンター】に直接聞いてみた。

「『アメイジング・スパイダーマン』はなぜTSUTAYA独占のレンタルなんですか?」

担当者 あのー、『アメイジング・スパイダーマン』をお取り扱いしているメーカーさんとTSUTAYAとで、話し合いをさせていただきまして、それで独占のご契約を……はい、ウフフ(笑)。もしご利用ご希望でしたら、ぜひご活用をしていただければと思います。

──これまでもTSUTAYA独占の作品ってあったんですか?

担当者 今までも、TSUTAYAのみでレンタルできる作品もご案内もさせておりました。

──あ、あるんですか?

担当者 はい、TSUTAYAだけで。

──ほかのレンタル店では扱っていない?