NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(11月第5週)

すでに本屋ではない! Amazonで一番売れてるのはお米!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋経済、週刊ダイヤモンド
(左)「週刊東洋経済」(12/1号)
(右)「週刊ダイヤモンド」(同)
「週刊ダイヤモンド 12/1号」の特集は『今、入るべき会社 就活親子の大誤解』だ。2014年春入社を目指す大学3年生(大学院修士1年生)の就職活動(就活)が12月1日から本格化する。2011年、それまで10月スタートだった“解禁”の時期を、経団連が倫理憲章を見直し、2カ月遅れの12月スタートに変更した。今年もこのスケジュールを踏襲したために、大手企業の採用説明会が短期間に集中するのだ。

 内定までは半年前後の短期決戦となるため、事前の情報収集が運命を左右する。イメージに流され、誤った情報に翻弄されがちな就活生のために、人気企業・業界の実情を徹底解明した特集だ。

●『10年後日本人が食える仕事』の二番煎じ感がただようダイヤモンド

 とはいっても、記事を読む限り、各業界の基本的な情報を網羅しているのみ。 『電機・自動車 “地獄”の家電と“天国”の重電 トヨタの不安定要素はEV』という記事では、パナソニック、シャープ、ソニーの家電メーカーは業績悪化で目もあてられない一方で、日立製作所、東芝、三菱電機といった重電メーカーは事業の選択と集中の結果、筋肉質な経営体制に生まれ変わっているという事実を紹介している。

 ただし、重電メーカーでも中核事業以外は縮小・撤退リスクがあるため、要注意だ。

『金融・商社 国債と資源依存に潜むリスク 高収益企業の本当の実力と内情』という記事では、製造業の地盤沈下を尻目に、高収益をたたき出し、わが世の春を謳歌している銀行と商社のリスクを紹介している。銀行は今後、国際業務が主軸になるために外国語や高いコミュニケーション能力が求められる。商社では、資源依存度が最も高い三井物産は資源価格暴落リスクが、積極投資を進めている伊藤忠商事は資産リスクがあるという。

『SNS・IT 新卒に“破格”の高額年収も 『一寸先は闇』の苛烈な業界事情』という記事では、日本で唯一といってもいい驚異的な伸びを続けるソーシャルゲーム業界では、新卒エンジニアでも1000万円超を提示する特別枠が用意されているという。ただし、高額年収はエンジニア採用だけで、既存部門の社員の年収は頭打ちだ。

 ……といった基本情報が続く。ダイヤモンド編集部がよく陥る「取材記者の特集への興味のなさが誌面に反映された」パターンだ。読者が知りたいポイントをつめきれず、表面的に聞いた情報だけを掲載してしまうのだ。

 なかでもひどいのが、『平凡的な学歴でも伸びる職種でキャリアアップ 人気職種の勘違い』という40職種サバイバルマップだ。伸びる職種と沈む職種が「勝ち残り組」と「しばし安泰」「将来先細り」「絶滅危惧」に分けて、紹介されているのだが、編集のなかに本来しておくべき業種と職種の区別ができていないのだ。

 たとえば、業種は「医師」、「自衛官」、「ケアマネジャー」などという分類であり、職種とは企業経理、企業広報といった社内で「部」で表される分類のことだ。編集部がこの区別をしていないので、「公務員」「薬剤師」と「企業人事」が「しばし安泰」エリアに位置していたりする。しかも、「公務員」のほかに「中央官僚」という職種も書かれていて、意味のわからないマップになっている。  

『週刊 東洋経済 2012年 12/1号』


不敵な笑み。

amazon_associate_logo.jpg

『週刊 ダイヤモンド 2012年 12/1号』


ヤル気無いくらいのが、斜め読みできるかも。

amazon_associate_logo.jpg