NEW
ユーザー、中国人、メディア、家族…苦境のたびに救いの手が現れる

ホームレスから国内最大Q&AサイトOKWave社長への軌跡

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オウケイウェイヴの兼元謙任社長
 ユーザーが無料で「質問」「回答」ができる日本最大のQ&Aサイト・OKWaveを運営するオウケイウェイヴ。1999年の会社創業から幾多の波乱を乗り越え、2006年には株式上場し、成長を遂げてきた。そんな同社の創業者であり、社長の兼元謙任氏は、一時はホームレスとして暮らしたことがある波瀾万丈の経歴を持つ人物だ。

 今回兼元氏に、

「ホームレスから、いかに上場企業社長まで上り詰めたのか?」
「Q&Aサイトというサービスを生み出すきっかけ」
「ベンチャー企業生き残りの秘訣」

について聞いた。

ーー創業前、兼元社長は一時ホームレス生活を送っていたそうですが、それまでどんな人生を送ってこられたのでしょうか?

兼元謙任社長(以下、兼元) 小学生の頃に遭ったいじめがひどくて、精神的に病んでいた時期が長かったと思います。以来、成人してからの苦労は、それに比べればあまりたいしたことではないと思って乗り越えてきました。それほど子供時代のいじめは残酷なもので、木刀で殴られたり、殺される一歩手前のことをされ、ずっと「殺される」という感覚が抜けなかったのです。

 しかし、その後、社会人になってからも、また精神的に大きな波がやって来ました。嫁さんから別れたいと告げられたり、一番信用していた仲間にお金を持ち逃げされたことがその要因です。特にお金を持ち逃げされた時は、最初は仲間が帰ってこないので「事故に遭ったのでは……」と心配していたくらいです。事態が発覚した時は、裏切られたショックが大きくて、思いっきりめげました。

 東京へ来たのは会社を始める2年前、名古屋から上京しました。しかし、東京で一番頼りにしていた経営者から「お前のことを買っていたわけじゃない。お前を取り巻いていた仲間をタダで使えるのが、お前のメリットだったのに」と突き放され、まさに自己全否定の言葉に相当落ち込みました。

 それから自暴自棄になって、当時丸の内のビル工事の現場など、都内を転々としていました。食事はコンビニやファーストフード店の残り物の弁当などをもらってしのいでいました。

ーーよく生き延びてこられましたね。

兼元 いや、実際はそれほど悲惨でもなく、お酒もあるし、食べ物も揃っている(笑)。食料にありつける場所も教えてもらっていましたし、賞味期限が切れていてもコンビニの弁当は食べられましたから、なんとか飢え死にせずに、生きることができました。ホームレスになったころは、所持金は1万円もありませんでした。ですが、寒い時は自動販売機の後ろにいくと暖かいとか、いろいろ教えてくれる人がいました。

●立ち直らせた中国人の怒り

ーーそこからどうやって立ち直ったのですか?

兼元 ある中国の女性の方に会った時に、自分のつらい過去について話をしたら、相手が怒り始めたんです。「自分は中国の奥地から出てきて、体を張って生きているのに。こんなすごい国で、ちょっとつまずいたくらいで、こんなところで寝ていてバカじゃないの」と。その後、いつものホームレスの場所に戻って、食べ物を食べていたらおなかの調子が悪くなって、中身を見たらタバコの吸い殻が入っていた。その2つが重なって、もう一回何かしなきゃなと。中国人の彼女が言っていることは正しいと思いました。彼女とは今はもう会えないですけど、本当はお礼を言わなきゃいけない人です。

 その後、先ほどの頼りにしていた経営者の方に謝罪し、「もう一度仕事をください」と言って赦しをもらい、快く仕事を手配していただいたのです。

ーーそれで、ホームレス生活から抜け出せたのですか?