NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

衝撃の事実が発覚!? あのロボットレストランは総工費●●億円だった!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボットレストラン
ロボこえぇぇ! でもちょっと行ってみたい。
(「ロボットレストランHP」より)
人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。月刊誌「サイゾー」で連載されていた同企画(宝島社より単行本となって発売中!)が、ビジネスジャーナルにて復活! 

 今週は、鮫肌文殊氏が、東京新宿にオープンしたロボットレストランの総工費100億円について、疑惑を直撃した!

[回答者]ロボットレストラン予約センター 様

 最近のテレビバラエティは、昔のようにあざとい引っ張り方をすると視聴者が嫌がるため、そうした手法は自粛傾向にある。番組のオープニングのVTRで肝心のところをマル秘マークのテロップで隠しながら「衝撃映像100連発!」って煽りまくるとか、CM前に「この後、いったいどうなってしまうのか!?」とナレーター渾身のシャウトが入るとか、まあ見ているだけで暑苦しくなる過剰演出気味なアレがアウトなんですわ。

 いくら番組側が煽り立てても、現代日本の視聴者は、老若男女テレビを見るプロばかりなので「はい、はい、煽るだけ煽っておいて、どうせたいしたこと無いんでショ?」と冷めた目で見られるのがオチである(実際たいしたことない事が多いしね)。

 大昔、私の担当していたある番組では、オープニングVTRで「この後、凄いことが起きる!」ってガンガン煽っておいて、結局、番組のエンディング直前、最後の最後にその衝撃映像を寸止めで見せてから「この続きは来週!」(笑)。なんと週をまたいで引っ張ったことさえあるものなあ。よくそんなムチャクチャが許されていたものである。今、そんなことやったらツイッターだなんだで、非難轟々お祭り騒ぎであろう。

 まだネットも普及していなかった時代、そんなドイヒーな引っ張りを見せられても「チックショー、まんまと騙されてしまったぜ。ま、来週また見りゃいっか」とあきらめてくれるオトナな余裕が、視聴者の皆さん側にもあったんだと思う。どの業界もそうでしょうが、今やちょっとでも非を見せた相手には、よってたかって正論ふりかざしてボッコボコに叩きまくる時代ですから。まあ、それにしても昔のテレビの煽り方はヒドすぎた。完全なオオカミ少年。そりゃ視聴者もテレビ離れしちゃいますって。

 そんな風に反省しきりなタイミングで見つけた、ここんとこ新宿や渋谷の街なかを凄い音量で走りまくっている宣伝カー。なんだありゃ。見ると、ロボットレストランと書いてあり、巷で話題らしい。中でも目を引くのがその宣伝カーの車体にでっかく書かれたそのキャッチコピー。「総工費100億円」……また大きく出たものである。正直、昔の煽りすぎなテレビバラエティのノリを思い出して嬉しくなっちゃう大風呂敷っぷり! いいね~!

 だから直接、ロボットレストラン予約センターに聞いてみた。

『最近、街中でロボットレストランの宣伝トラックをよく見るんですが、車体に書かれてる「総工費100億円」って本当なんですか?』