NEW
山本一郎

シャープに富士通、NEC 家電業界の撤退リストから見る、各社の苦悩と戦略(後編)

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_1757.jpg
(「シャープHP」より)
――投資家として企業情報を幅広くをウォッチするあの山本一郎氏が、国内外の経済・企業スキャンダルから、テレビ・芸能ネタまで、幅広くチョイス。今回は、苦境が叫ばれ続ける日本の家電業界について撤退した事業に関するニュース記事をピックアップしていただきました! 各社への寸評とともに前後編でお送りします。

前編はこちら

【三洋電機】
寸評:こちらはシャープよりも先にお家騒動→業績急激悪化→身売りというコンボで開拓者精神を見せ付けた三洋電機。これはもう駄目かも分からんね。

三洋電機、台湾から撤退 現法株を109億円で売却ーー日本経済新聞 (2013年1月15日)

三洋電機とパナソニック、ハイアールへの白物事業売却を説明ーー家電Watch (2011年7月29日)

パナソニックとの統合で事業撤退は想定せず=三洋電機ーーロイター(2009年12月24日)

三洋電機:家庭用エアコンの自社生産撤退、一部事業の撤退、希望退職者募集など構造改革実施ーーlivedoorニュース(2009年8月26日)

三洋電機、携帯事業撤退から撤退へ。ーー携帯総合研究所(2007年10月11日)

三洋電機、小型液晶事業から撤退ーーデジカメWatch(2006年12月13日)

三洋、有機ELから撤退ーーITmedia(2006年1月31日)

三洋、DVD/VHS事業から撤退。HD DVD技術に集中 — 通期赤字1,400億円に下方修正。創業地閉鎖ーーAV Watch(2005年9月28日)

【シャープ】
寸評:すったもんだで揺れるシャープ。ホンハイからは裏切り者扱いされ、サムスンからは焼け石に水の100億出資、その技術力を本気で買ってくれているのはクアルコムだけという非常に寒い状態になっております。

シャープ、伊・太陽電池合弁解消へ 株売却で欧米撤退ーー産経新聞 (2012年12月31日)

シャープ担当役員、「GALAPAGOSは決して撤退しない」ーーITmedia (2011年9月16日)

電子書籍の向かう先--主役不在で離陸せず、シャープは専用端末撤退…ーー東洋経済(2011年9月15日)

シャープ、PC生産から撤退、GALAPAGOS事業に注力ーーPC Watch (2010年10月22日)

シャープ、「液晶ビューカム」の生産終了ーーAV Watch(2006年3月7日)

【日立関連】
寸評:こちらはある程度ちゃんと着地できるか? という日本製造業の世界で辛うじて踏みとどまれるのか日立グループ。撤収撤退も比較的早かった印象はありますが、さてどうでしょうか。

日立、情報・通信機器向け半導体の自社生産から撤退…開発に特化ーーレスポンス(2012年12月10日)

日立および三菱、それぞれテレビおよび光ディスクの国内生産から撤退へーーTechCrunch Japan(2012年1月24日)

日立がHDD事業から撤退ーー情報産業新聞(2011年3月14日)

日立、PDP用ガラスパネル生産から撤退 — 今後はパナソニックから調達ーーPhile-web(2008年9月18日)

日立、コンシューマPC事業から事実上撤退ーーPC Watch(2007年10月23日)

【富士通】
寸評:かつては秋草さんが「社員が働かないのが悪い」と言い切った剛の者富士通。ITゼネコンの頂点としての矜持もありつつ、かつての半導体の富士通は見る影もなし。これはもう時代の流れですからしょうがないんでしょうけどね。

富士通、国内半導体組み立て事業から撤退ーーロイター(2012年8月31日)

富士通がHDD完全撤退、東芝・昭和電工に個別売却ーーロイター(2009年2月17日)

富士通、プラズマ・液晶から撤退、時代の流れに・・・ーー個人ブログ(2005年2月7日)

【NEC】
寸評:日本を代表するテクノロジーカンパニーであった日本電気(NEC)も、業績的にはまったく立ち直る気配がなく、国防関連産業とSIerだけ残して壊滅といった風情です。一部には倒産待ったなしという声も聞かれ、さてどうなりますか。

NEC、レノボ株を全て売却へ 180億円でーー日本経済新聞(2012年9月4日)

NEC、国策の次世代スパコン開発から撤退、「事業は継続」と強調ーーITpro (2009年5月14日)

NEC、欧州の個人向けパソコン事業をeマシーンズ創業者に譲渡ーーITpro (2006年10月16日)

NEC、有機ELディスプレイ事業から撤退ーーAV Watch(2004年2月27日)

NEC、ワープロ専用機から撤退ーーPC Watch(2001年1月12日)

【パイオニア関連】
寸評:もはや市場では「そんな会社もあったなあ」ぐらいの追憶でしかなくなりつつあるパイオニア。事業的にも古色蒼然とした内容のリリースしか出ておらず、もう死に絶えていくのでありましょう。さようなら、パイオニア。

パイオニア、'10年3月までにディスプレイ事業から完全撤退 —「断腸の思い」。現行製品が最後に。純損失1,300億円ーーAV Watch(2009年2月12日)

「市場のスピードとギャップがあった」——パイオニアがPDP生産から撤退、松下から調達へーーITmedia(2008年3月7日)

【コラム記事・ブログ・掲示板 ネタ系】
日立、V字回復をよんだ大改革…不採算事業からの撤退、グループ再編、他社との事業統合ーービジネスジャーナル/Yahoo!(2013年2月3日)

残念。ソニーRolly(ローリー)モーションパーク サービス終了のお知らせ。ーーSONYSHOP SEIWA 仕事日記(2011年6月15日)

ソニー、カーナビ2度目の撤退;「nav-u」年内で出荷終了。。。ーーソニーな店長のつぶやき???(2012年7月27日)

ささやかな抵抗 SONYのeyeVio撤退に思う。ーーアナログなWEBアカウントプランナー(2009年4月17日)

明暗を分けたホンダとソニーのロボット開発ーーTech-On!(2005年12月29日)

山下達郎がラジオでソニーのDAT生産中止に激怒 3ーー2ちゃんねる

フロッピーディスクの思い出:ソニー生産終了へーーWIRED.jp(2010年4月27日)

パナソニック、石川遼とのスポンサー契約を終了ーーAFPBB News (2012年12月14日)

三菱電機は、なぜケータイ事業から撤退するかーー日経トレンディ(2008年3月17日)

(文=山本一郎)

●山本一郎(やまもと・いちろう)
2000年、IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作を行うイレギュラーズアンドパートナーズ株式会社を設立。ベンチャービジネスの設立や技術系企業の財務・資金調達など技術動向と金融市場に精通。2007年より、総予算100億円超のプロジェクトでの資金調達や法人向け増資対応を専門とするホワイトヒルズLLCを設立、外資系ファンドの対日投資アドバイザーなどを兼務。