NEW
吉田潮「だからテレビはやめられない」(7月8日)

新連ドラ『半沢直樹』、時間を忘れさせる“エゲツなさ”と“濃厚さ”…光る悪人たち

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「半沢直樹 公式サイト」(TBS HP)より
主要なテレビ番組はほぼすべて視聴し、「週刊新潮」などに連載を持つライター・イラストレーターの吉田潮氏が、忙しいビジネスパーソンのために、観るべきテレビ番組とその“楽しみ方”をお伝えします。


 久しぶりに“時間を忘れる”ドラマがきた。初回2時間スペシャルだったのだが、あまりにテンポよく、しかも濃厚だったので、時計を見たときに「え?! まだ1時間しかたってない?」と驚いた。大好きな香川照之も出ているので、贔屓目になりがちな気持ちを抑え、極力意地悪な目で観たのだが、かなり面白かった。『半沢直樹』(TBS系)である。

 主演は、いろいろな意味で隙のない手練れ役者の堺雅人。ネジ工場を営む父親(笑福亭鶴瓶)を冷たくあしらい、自殺に追い込んだ大手銀行にあえて入社。融資課長となるが、支店長の出世欲に振り回され、5億円の融資失敗の責任をなすりつけられる。「やられたら倍返し」を決め台詞に、無責任な上司や理不尽な会社相手に孤軍奮闘。

 細かいところまで書き始めると紙幅が足りないので、ポイントのみ。のっけから目が離せないスピーディーな展開は、ストーリーの面白さだけではない。善人と悪人をえげつないくらいわかりやすく描き、視聴者が迅速にかつ単純に感情移入しやすいよう導いているからである。バカでも猿でも猫でもわかる、銀行マン復讐劇なのだ。

 まずは悪人チーム。堺に責任をなすりつける副支店長役の宮川一朗太。生まれつきのいい人ヅラを封印し、イッセー尾形ばりの顔つきとセリフでイヤ~な上司を演じている。その嫁役の田中美奈子もしかり。社宅に住む堺の嫁(上戸彩)に嬉々として明白な嫌がらせをするのだが、なんだか楽しそうでもある。堺に融資させておきながら、粉飾決算でまんまと5億円を騙し取るのが宇梶剛士。その風貌、まさに悪人。文句なしに悪人。アイコンとしてわかりやすすぎる愛人(壇蜜)とともに逃亡。宇梶の脱税疑惑を追う国税局統括官に片岡愛之助。なぜかひとりだけオネエ風味で浮きまくっているのだが、堺を目の敵にする悪人のひとり。

 そして、堺の銀行の常務に香川照之。初回は顔面の悪人演技程度だったが、今後はいちばんの悪人で堺の大敵になるんだろうなと予測させる。ある意味、役者全員が悪役を楽しんで、堺をいびり倒すような感じで、視聴者も速攻入り込める世界観に。

●怖いくらいのリアルさ

 一方、善人チーム。堺の同期を演じる滝藤賢一。期待されたエリートだったが、上司(これまた悪人ヅラの緋田康人)の嫉妬を浴び、パワハラを受けたストレスで統合失調症に。おまけに病気を理由に出向させられるという悲劇の善人だ。銀行で出向=片道切符の島流しで、二度と銀行には戻ってこられない。常に眼球がうるうると潤っている滝藤がパワハラを受けるシーンの不憫さといったら! パワハラで病んだ経験のある人は決して観ないように、と注意書きしたくなるほどリアル。さらに濃度の高い墨が白い画面にぼつぼつと落ちていく差し込み映像は、精神が破綻していく様子を煽る煽る。ちょっと怖すぎッ……

 また、大阪の零細金属工場の社長に赤井英和。自殺しようとしていたところを堺に助けられ、絆されていく。「はよ帰って屁こいて寝とれ」って、大阪の気のいいオッサン全開。宇梶の会社の金庫番をしていたラサール石井は、気が弱くて、小心者。悪いことはできない性質で、堺に責められると冷や汗ダラダラになり、持病の発作起こしちゃったりして。

 悪人は悪人らしく、善人はとことん善人。キャラ設定の水戸黄門的なわかりやすさは、老若男女を虜にするんじゃなかろうか。しかもナレーションは山根基世(元NHKアナウンサー)という渋さ。キャスティングも絶妙だし、ドラマ好きにはたまらない作品になりそうだ。
(文=吉田潮/ライター・イラストレーター)

●吉田潮(よしだ・うしお):
ライター・イラストレーター。法政大学卒業後、編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。「週刊新潮」(新潮社)、「ラブピースクラブ」(ラブピースクラブ)などで連載中。主な著書に『2人で愉しむ新・大人の悦楽』(ナガオカ文庫)、『気持ちいいこと。』(宝島社)、『幸せな離婚』(生活文化出版)など。カラオケの十八番は、りりぃの「私は泣いています」、金井克子の「他人の関係」(淫らなフリつき)など。